2016年11月15日

#べっぴんさん あらすじ&私評 第38回:不安や寂しさとの孤独な戦い #NHK #朝ドラ

だれでも寂しさ辛さを抱えている。

<商店街に女性達が集まっている。家具屋が閉店してしまったのだという。

あさやで作業をしながら、(自分たちの)子供達もどんどん大きくなるね、と話すすみれたち。服をつくってやりたいね、と言い合う。
  
浅田が、2つ先のその閉店した店舗に移らないかと言ってくる。
「あちらは、ここよりも大きい、夢も大きくなると思いますよ」
「夢…」
「家賃…かかるやろ…」

店舗を見に行く一同。広さに驚く。
ここなら子供服も置けるんやないか、あんたら子供達に作ってやりたい言うてたやないか、それも売ればええんやないか、と提案する明美。
目を輝かすすみれ。

民江と良子が話している。
「すみれちゃん、やりたそうやったね」
そして民江が
「私ね…」
と言うやいなや
「私もそう思う」
と良子。私たちはもうお互いの考えていることが分かる、同じことを考えている、と。
「私たちもし主人が帰ってこなかったら…」
「…子供のために必死やったろうね」
すみれちゃんのためにも、できることやらなね、と二人。主人に相談しようということになる。

街角には靴磨きの少年。

闇市の潔達の店の片隅に、これは売るべからず、と紙を貼った栄輔の傘が立てかけてある。

潔が帰ってくる。どうやった、とゆりが聞くと
「統制ばっかりでらちがあかんわ」
お義父さんの言ってることは分かるけど、ええもん作って売るなんて無理や、と。
複雑な顔になるゆり。

夜遅く、五十八も帰ってくる。復員省まで行ってきたが、紀夫の消息は分からないらしい。

はなが身体が弱いにもかかわらずしっかり働いてくれたということをゆりに話している五十八。 感謝してもしきれないと言う。やさしかったお母様しか知らないけれど、強い人だったんやね、とゆり。
「やさしいいうことは強いいうことや」
と五十八。
辛いこと、悲しいこと、そういう気持ちを知ってる人間が強くなれる、やさしくなれる。

自宅でひとり、紀夫を想うすみれ。

花売りの幼い少女からささやかな花を買う明美。その花を店に飾る。

子供服のデザイン画を一同に見せる君枝。感激する一同。
子供服も型紙を売ることを思いつくすみれ。賛同する一同。
  
新しい店の方に、それぞれの夫達を連れてくる君枝と良子。すみれと明美も立ち会う。家賃について尋ねる勝二。
浅田は、破格で提供してもらえる、と説明。ベビー相談室の盛況を見て、可能性を感じ、ぜひここに入って欲しいと皆が望んでいるというのだ。

店に転がっていた怖いお面を見て突然泣き出す子供達。健太郎と龍一は父親に抱き上げられるが、さくらはすみれが守るしかない。
  
それぞれ父親に抱かれながら去る男の子達、それを黙ってじっと見ているさくら。
突然栄輔が現れてさくらを抱き上げ、高い高いなどしてあやし始める。

栄輔はすみれに、どこかで手に入れてきた刺繍糸を渡す。すみれが躊躇していると、明美が横から
「ありがと」
「お、…お、おう」
 
「優しいなあ…」
二人が去ってから、、独り言を言ってあさやに入る明美。なんとなく寂しそうな姿を浅田が見守っている。
 
はなのナレ。
「不安との戦いは、自分との戦いだと言います。なぜなら、不安は自分の中にあるからです。不安や孤独を知っているからこそ、」

抱き上げているさくらが笑顔になっていることを喜ぶ栄輔。

「…だれかの優しさや、暖かさが、沁みるのです」>
  
今朝は私も(これを見る前だが)、切ない夢を見て、妙に寂しい気持ちで目覚めた。というか、夢の中ですでに、わけも分からず、何も特別なことはないのに、とてつもない寂しい気持ちに襲われてしまったのだ。そしたら夢の中では、とっくの昔に亡くなった、亡くなった当時と同じままに若い母親が、隣で寝ていた。私は自分がいい大人であることを十分に自覚したままで、その母親に手を伸ばし、何も言わず目も閉じたままで私を自分の布団に招き入れた母親に抱きついて母を呼びながら泣いた。母はやはり何も言わず目を閉じたままだが、私の頭を撫でてくれた。私は泣き続けた。この母親が、今はいないということも夢の中ですでに分かっていた気がする。 だから私は涙が止まらなかった。本当に目覚めてからも、奈落の底に落ちたようなとてつもない寂しさは残っていた。
このことをFBにも書いたが、書きながらまた涙が止まらなかった。そして再びこれを書きながら涙が出てしまう。
  
母が恋しい、というわけではなかったと思う。ただなぜか寂しかった。その寂しさを癒やして欲しかった。そんな寂しさを感じることもなく(いや実際は感じることがあったのだろうが)本当に母に頭を撫でられて安心できた子供の頃に戻りたい、という気持ち。 

  
不安との戦いは自分との戦い。本当にそうだと思う。どんなに順風満帆であっても、なぜだか、何か分からぬ不安や寂しさにつきまとわれるのが人のサガなのかもしれない。思い出してみれば、結婚した直後、幸せ一杯のはずなのにやっぱりこんな、わけのわからない寂しさに襲われて泣いていたこともよくあった。愛する人がそばに居ても、そして母親に頭を撫でられていても、根源的な不安や寂しさは完全に消えることがない。
「なぜなら不安は自分の中にあるからです」
そうだなあ。だれも自分の不安を肩代わりしてくれない。母親でさえも。肉親はやはり不安を和らげてくれる存在ではあると思うが、やはりもはや「他者」なのである。
けれど、たしかに、そんな自分の中にあって自分で戦うしかない不安に負けそうになるとき、力をくれるのが優しい他者の存在だ。母親はその代表格であろうが、赤の他人であっても少しは助けになる。まさに「…だれかの優しさや、暖かさが、沁みるのです」だ。
  
でもそんな「だれか」の存在すら見えないときもあるだろう。明美の孤独。靴磨きの少年や花売りの少女のショットが何を意味するのかと思っていたけれど、ああ、そうだ。これだな。おそらく少年も少女も孤児なのだろう。独りで生きていかなければならない存在。明美は花売りの少女に自分と同じ孤独を見て、花を買ってやった。孤独な境遇の人間は、その孤独故に、他の孤独な魂と繋がれる。ああそうだ、浅田もまた孤独なのかもしれない。
このドラマにおけるテーマはそこではないと思うが、孤独、の描かれ方に少し期待してしまう。>




posted by おーゆみこ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | べっぴんさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

#べっぴんさん あらすじ&私評 第37回: 「淡々と」したい  #NHK #朝ドラ

辛いよね。

<突然訪ねてきた紀夫の両親は、ここまで便りがないということは、紀夫は戦死した可能性があると思う、もう紀夫のことは諦めて、縛られないようにしてほしいと言う。
「すみれさん、あなたには未来があるのよ」
と紀夫母。
  
五十八にそのことを話しに行くすみれ。お前自身はどうなんだと聞かれ、分かりません、とすみれ。
五十八は、自分が調べてみる、苦しいだろうけど、待ちなさい、と言う。
 
すみれの帰り道。根本達が飲んでいる。場銭をとらないことにしたらしい。部下達に責められつつも
「信用を取り戻すにはここが正念場なんや」
と苦しそうながら言う根本。

栄輔はすみれを追いかけてきて、送っていくという。栄輔は元気だからこっちも元気が出る、とすみれ。照れたような栄輔。
だが栄輔は、移動式の屋台とすれ違いざま、突然その屋台を追いかけ、その傘を売ってくれ!と言って100円で傘を買う。それは栄輔の実家の傘工場で作ったものだというのだ。その工場も空襲で焼けてしまった。また会えるとは思わなかった、と感慨深げな栄輔。よかったですね、栄輔さんの思いが引き寄せたんですね、とすみれ。
「そうやな。すみれさんもやで。強う思ったら、願いは叶うもんや。がんばりや」
と栄輔。
  
すみれが店に戻ると、良子と民江は、息子達が父親に懐かない悩みを話している。息子達とほとんど会わないまま出征してしまったからだ。
でもいれば何かと頼りになるし、と話しながら、はっとしてすみれに謝る二人。すみれはなんでもないように装おうとするが、紀夫を思い出してしまい、席を外す。
  
外に出たすみれを追いかける明美。なにかあったの?と、時計屋の中にすみれを連れて行き、店主を追い出して二人きりになる。
紀夫の両親が訪ねてきて紀夫を諦めろと言ったことを話すすみれ。だが明美は、
「なんやそんなことか」
死んだという知らせが来たのかとおもったけれど、そのくらいのことは気にするな、
「あんたは、淡々としとき」
と明美。

ベビー相談室の日。外にまで行列が出来る大盛況。驚く浅田。靴屋の客が来るが帰ってしまう。
型紙付きのキットも、これなら買える、と言う客たち。
  
そんな中に、健太郎を抱いて民江の夫、昭一がやってくる。やっと父親に懐いたらしい。嬉しそうな昭一だが、すみれを気遣って民江は席を外そうとする。淡々と、と言う明美の言葉を自分に言い聞かせながらも顔が曇るすみれ。


さくらを背負って丘に立つすみれ。
「さくら、あなたのお父さんはね、あなたがこの世に誕生したと知ったとき……」
鼻をすするすみれ。
「……空に向かって叫ぶほど、喜んでくれたのよ…。会いたいね…会いたいね…」
泣きながら、背中で眠るさくらに語りかけるすみれ>
  
自分を人と比べてはいけない、とよく言われるしそれは絶対的に真実なのだけれど、人はどうしても、そうしてしまうことから完全には逃れられない。
私だって、色々ラッキーだし恵まれてる、と思うし、そういうプラスのところだけに目を向けよう!と自分に言い聞かせはするが、やはりしばしば人と比べるモードに入ってしまう。自分で選んだ人生ではあれど、この期に及んで伴侶も子供もない身。伴侶はともかく、子供がいるといないでは全然違うよね、とやはり思ってしまい、うんと親しい友達でも子供がいる人には(それどころか私の歳だと孫がいる人も少なくない)ほんの少しだけど距離を感じ、そしてどうしても、羨ましく思う。
ましてや、複数の友達がそうだとね。そしてあんなふうに、彼女たちに共通の境遇についての話をしているときはやはり疎外感をそこはかとなく感じるものだ。そうでなくても辛い思いを抱えながら、それを共有はできない辛さ。明美ちゃんがいてよかったね。
「淡々としとき」
私もそれを肝に銘じます。
 
とはいえ明美だってまだ若くて、これから出会いがあるのだろうし、紀夫だってたぶん帰ってくるのだろうと思うし、…とドラマの登場人物すら羨ましい私。
  
子供にしても伴侶にしても、それがあるからこその悩み、辛さ、があるのは確かだろうけれどもねえ。
 
ところで、明美が時計屋にぞんざいな態度なのを一瞬不思議に思ったけど、そうだった、明美はそもそもがこのあたりの出身で、時計屋も幼なじみなんだな。
  
根本さんも苦しそうながら、五十八の言ったことを真剣にとらえたのだなあ。今後の展開が楽しみではある。どんなグループであっても、そのリーダーになる人間にはパワーがある。くっついて歩いているのは単にチンピラ(リーダーが悪の場合)。そのパワーをプラスの方向に向けることができれば、色々変革も起きるだろう。逆になまじパワーのある人間が悪い方向に行くと始末が悪いってことでもあるな。

とりとめない感想に終始して失礼。
 

 
posted by おーゆみこ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | べっぴんさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

#べっぴんさん あらすじ&私評 第35回: ちとイケメン不足…(すいません) #NHK #朝ドラ

良子ちゃんのくっきりえくぼが戻ってよかったよかった。 
  
<時子たちは民江からベビー相談室の話を聞き、そういうのがあったら嬉しい、と口々に言っている。
  
美幸がやってきた。寸法を直したワンピースを着せるすみれたち。すみれは、このワンピースは美幸にあげる、と言う。大事に、大事にする、と喜ぶ美幸。  
  
すみれは、勝二が早い時間から飲み屋に入ろうとしているのを見てしまう。声をかけると慌てた様子の勝二。去ろうとするのを押しとどめ、良子が受け取らなかった給金の封筒を差し出す。良子に渡してくれと勝二は言うが、すみれは、これで時計を買い戻してあげてくれ、と言う。良子が生活苦でその時計を手放したことを話すすみれ。良子は大事な大事な友達だ、良子を幸せに出来るのはご主人しかいない、と言う。 

 
勝二は浮島時計店に行く。時子は、勝二が自分ではなく妻が、と言うのを聞いてピンときた様子。
  
買い戻した時計を良子に渡す勝二。自分はあまりに年上過ぎてどうしていいかわからない、良子みたいな人が嫁に来てくれただけでも有り難くて、という勝二に、何を言うてるの、と少し照れたような良子だが嬉しそうだ。
「この時計は、一緒の時を刻んでほしい思て渡したんや」
良子の腕をとって時計を付けてやりながら
「もいっぺん…一緒の時を刻んでくれ」
微笑み、涙ぐみながら
「…はい」
と良子。良子の手を包み込むようにする勝二。見つめ合う二人。  
  
ベビー相談室は隔週の土曜日にする、などと相談しているすみれたちのところに、良子が訪ねてくる。腕に時計があるのに気がつくすみれ。
うちの人に話してくれたんでしょ、と良子。余計なことだったかと気にするすみれだが、余計じゃない、すみれのおかげでいい方に進んでいる、と良子。
  
そこへ美幸がやってくる。今日が入学式らしい。祖父らしい老人が一緒で、ワンピースの礼を言い、美幸の両親は亡くなって、自分が育てていると話す。ワンピースを着た美幸に、良子が、それに合わせて髪を結ってあげると申し出る。可愛らしく三つ編みに髪を結ってもらって嬉しそうな美幸。これから入学式という美幸と祖父を笑顔で送り出す一同。 

みな、そのワンピースを作ることにしたときのことを思い出している。せっかく作るのだからテーマを決めよう、春だから、テーマは「入学式」だ、と盛り上がる一同の回想。 
  
「ここで……もういっぺん働きたい」
と良子。微笑む一同。

すみれが自宅に戻ると、玄関の前に復員兵姿の男がいる。
「板東紀夫さんのお宅でしょうか」
「……はい…」
「奥様ですか」
「………はい……」>
  
今日のツボは、良子が背負ってきた龍一を預かろうとする「下駄のおじちゃん」のメロメロっぷり。うひゃひゃひゃ、みたいな声になっててつい笑う。さすがに、下駄のおじちゃん「でちゅよ〜」みたいな言葉遣いにはなってなかったけどね(^_^;)。
  
  
そうか勝二さんも単に不器用だったのね。いいねえ不器用かつ誠実な男に愛されるってのは。良子ちゃんも民江ちゃんもすてきな旦那様を持ってていいなあ。明美みたいにうらやんでしまうよ、明美ちゃんにもいい人が現れますように。あんがい栄輔とか? 紀夫さんは今は不穏な描き方をされているけど、きっと戻ってくるんだろうしね。そういや浅田さんもヤモメなのかなあ。
  
このドラマは佳作だと思うし、触発されるところも多いし、私評を書くモチベーションは保たれるけど、録画して残しておくまでの思い入れには至っていない。それは多分……
「私好みのイケメン不足」
だからじゃな(^_^;)(^_^;)(~_~;)
  
いやとりたててイケメンじゃなくてもいいんだけどさ。五十八さんは人として素敵だけど、見た目的にはそんなに♥マークにはならない。てるてるの春男さんにはかなり♥マーク乱舞しちゃったけど。ドラマを見てて、まじめに考えて、触発されて、じーんとして、でも「好みのイケメンさんに身もだえる」てのも不可欠な要素だからなあσ(^◇^;)。栄輔くんはべらんめえな口調が可愛いけど。潔くんはあまり好みのタイプの顔じゃない。
  
  
……と、今日はまあブリッジ的な回で書くことがなかったのでつい。失礼しました。

 

posted by おーゆみこ at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | べっぴんさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。