2016年12月16日

#べっぴんさん あらすじ&私評 第65回:不満は結局自分の問題  #NHK #朝ドラ

なるべく言いたいことは言わなきゃね。

<キアリス大急支店が開店すると待ちかねたように客が殺到した。ほっとするすみれたち。
その日の売り上げは膨大だった。驚く一同。特に売れたのがよだれかけなので、もっと製品を作らなければならない。
売り場に立つ悦子たちは日報を書いてくれていて、現場と経営&制作側の橋渡しになる。それを見て色々話し合いたいすみれたちだが、時間を気にする紀夫。それに気がつき、もういい時間だ、あとは明日にしろと諭す勝二。夢中になって時間を忘れるのはわるいくせだと言われ、紀夫に頬をはたかれたことを思い出すすみれ。
琴子がさくらを預かっているが、すみれたちの迎えが遅く、さくらは眠そうにしている。
さくらを紀夫が背負って、家に帰ってくる一家。だが紀夫が寝てしまった真夜中でもすみれは仕事をし続ける。目を覚ましそれをそっとのぞくさくら。にもかかわらず朝は早く起きて弁当を作るすみれ。
さくらは、すでに靴が小さくなってしまい、履くと痛いようだが、それをすみれに言い出せずに我慢している。
  
道ばたで具合が悪くなるすみれ。商店街の人たちが心配するが、大丈夫だと言ってまた走り回る。店でも明美が顔色が悪い、少し休めとすみれを気遣うが、すみれはやはり大丈夫だと言って大急に打ち合わせだと急いで出て行ってしまう。
  
だが、大急にすみれを訪ねてきたゆりが、相談があって、と切り出そうとしたとたんにすみれは倒れてしまった。
 
過労で3日は休まなければならないと医者に言われてしまうすみれ。それは無理だ、大急との打ち合わせに行かなければ、と起き上がろうとするが皆に止められる。打ち合わせには明美が行ったから、と。
明美は小山と打ち合わせをしている。本邦初のクリスマスセールをする、キアリスさんにもたくさん商品を用意してもらわなければならない、と小山。

ゆりがつきそって自宅で寝るすみれ。
ゆりが再び相談事を切り出そうとしたとたん、紀夫がさくらを連れて帰ってきてまたしても言い出せないゆり。
お母さんは仕事を少し休むけれどさくらは保育園どうする、とすみれが聞くと、明日は保育園には行く、お友達の誕生日だから、とさくら。

そこへ潔がうどんを持って見舞いにやってくる。喜んで食べたあときちんとお礼の言えるさくら。

潔たちが帰ってしまってからも、なにかよそよそしいすみれと紀夫を見比べるさくら。

来週は松島屋との打ち合わせだ、ゆりも一緒に東京に行こうという潔に、
行かない、とゆり。近江に行く、洋裁教室用の麻布を仕入れたい、と言うのを素直に受け取る潔。だがゆりは複雑な顔で自分のお腹をなでる。

川の字に寝ているのだがそれぞれに背中を向ける体勢のすみれと紀夫。
突然さくらがすみれに尋ねる。
「お母さん…お父さんのどこがすき?」
「………」
「お父さんは?お母さんのどこがすき?」
「………」

「ふたりは、答えることができませんでした。このままではいけない。そう思うすみれでしたが」とナレ>

さくらちゃんはとても健気、だけど「かわいそう」とは思わない。でれでれ甘ったれるだけが子供ではないのだ。子供は子供なりに、家族において自分がなんらかの役割を果たしていると実感できればむしろ満足する。すみれは決して自分が忙しいからとイライラしてさくらに当たったりしていないようだし、さくらは決して寂しさを押し殺して我慢しているのではないのだろう。でも靴のことは言わなきゃね。子供だろうが大人だろうが、勝手に我慢して不満が蓄積してあるとき爆発する、というのは、私は基本的には我慢した方が悪いと思っている。伝えても取り合ってもらえなくて、というならそうは言えないけれど。
 
すみれももちろん、「我慢して」はいない。頑張りすぎているとは言えるけれど。もっと他の人に振らなければね。
我慢する、というのは、他の人のせいだ、と内心思っていて不満が募っているのにそれを解放するための行動をせずにいることだと思う。つまり被害者意識。被害者意識がないならそれは我慢ではない。
しかし「勝手に」という点では同じかもしれない。自分一人で頑張りすぎるのも、不満を抱えながら我慢するのも。
ゆりも「勝手に」なにやら思い込んでいる様子。妊娠してしまって今までのように働けなくなったら、潔が好きなゆりではなくなってしまうとでも思っているのだろう。そのばかばかしさはもうまもなく解消されるだろうとは思っているけど。なんであれ引っ張りすぎない、やたらとドラマチックにしない、というのがこのドラマのいいところ。
  
現時点で「我慢」しているのは紀夫君だろう。被害とは言わないまでも、すみれに不満があるのにきちんとそれを伝えられない。
だが問題をややこしくしているのは、紀夫君は「自分の問題」を抱えたままだということだ。自分にこそ不満がある。たいがいの場合、なにかを人のせいにしたり、人に対する不満を抱えている人は、掘り下げていけば「自分に不満」なのである。自分が充実している人は人に不満を持っている暇はない。たとえ家族であってもだ。
紀夫君は自分が自分として生かし切れる環境におらず、そのことについて自分から修正アクションも起こせず、とりあえず周囲から期待される姿に自分を変えなければ、とだけ思っている。方やすみれが着々と成功していく姿を目の当たりにする。焦りやコンプレックスが渦巻いているだろう。

夫婦であれ親子であれ、軋轢があるとしたらその大半は、「自分自身の問題」だと思った方がいい。そもそも家族であっても自分以外は「他人」であり、他人を変えたりコントロールすることはできないのである。できると思っていたらそれは間違い(その間違いにも多くのトラブルの種がある)。しかしもちろんコミュニケーションはしなくてはならない。不満なことは伝える。自分に自信がないとそれができない。そして勝手に不満が募ってしまう。
すみれもゆりも、そしてさくらも、そういう「自分自身について」の深刻な問題を抱えているわけではない。だから彼女たちの悩みは複雑化しないと思う。やっぱ紀夫君だよね…。

子供は、親がそういう「自分について」の悩みを抱えていなければ、多少の寂しさなどがあってもやはり大きな問題を抱えない。今のさくらの悩みは自分の寂しさではなく、両親のぎくしゃくだ。だがさくらはストレートにそれを彼らに伝えられるだけ健やかに育っている。
 
posted by おーゆみこ at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | べっぴんさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

#べっぴんさん あらすじ&私評 第63回:適材適所、でしょう?  #NHK #朝ドラ

がんばりやさんだなあ!

<すみれの頑張る姿に、自分も変わらなければ、家族のために、会社のために、苦手なことでもこつこつとやっていく、と静がに決意を語る紀夫。

昭和23年の10月。支店開店まで1ヶ月を切った。君枝の家の2階で縫子達もせっせと仕事。琴子もお茶を入れたりにこやかに協力する。君枝たちは、新しいミシンを手に入れることを考え始める。

武は店と工房を何度も往復して荷物を運び、大忙し。

大急担当者の小山と打ち合わせをするすみれ。売り上げ予測の額に驚くすみれ。「そりゃうちは大急ですから」と相変わらずの小山。
  
紀夫は再び洋裁教室の歯科医の仕事に挑戦しようとしている。すみれも見守る。やはり客の前で緊張してふらついてしまうが、なんとか先に進められた様子。

説明会終了後。もの思いする潔。ゆりはちょっと気分が悪いとふらついている。
  
夜。飲み屋で独り飲む紀夫。昭一と勝二がやってくる。
ミシンを買うということについて話す3人。かなり高額の買い物である。だがキアリスの面々は誰も、お金のことに疎い。自分たちがちゃんと指導してやらないといけない、とため息交じりの3人。
「できた夫や」
と勝二が言い、笑う3人。

夜遅くまで店の掃除に精を出す武。疲れ果てて椅子にどっかり座ると、明美が夜食を持ってやってくる。慌てて居住まいを正す武。
明美からの夜食をほおばりながら
「気にせんとってください!」
先日の「告白」のことである。明美は笑って
「普通にいいお姉さんでおるよ」
ほっとした顔の武。
  
さくらに絵本を読み聞かせながら寝かしつけるすみれ。
紀夫が帰ってきて、さくらの寝顔を愛しそうに見つめる。
二人がミシンのことについて話をしようとした矢先、台所で物音。喜代が腰を痛めて倒れてしまったのである。

喜代は入院することになった。こんなことになってどうしましょう、とひたすら恐縮して泣く喜代。
さくらは保育園に行かせる、と言い、さくらもそれを嫌がらない様子。家のことは私に任せて、大丈夫よ、と泣く喜代をなだめるさくら。
  
さくらのお弁当を作り、保育園に連れて行き、大急で担当者との打ち合わせをこなし、またさくらを迎えに行って店に連れてきてから工房の方に回ったりして仕事をし、家に帰って食事を作り、また家で仕事を続ける…という日々が始まった。身体を壊してしまう、と心配する紀夫に、紀夫さんこそ、と返すすみれ>

※しばらく体調不良+多忙でお休みしてしまいました。ほぼ復調したので再開します。休んでいた間のあらすじ等、いつかフォローする…かもしれないし無理かもしれない。それを考えると先に進められないのでとりあえず本日分から。

大急担当者の小山も、感じ悪!と思っていたけど、昨日だか尺が余ったらしく主題曲を最後に字幕付きで演奏していたとき、どこから抜き出したのか、とてもいい笑顔でにっこりする場面が使われていて、なんとなくほっこりした。彼も悪人として描かれているわけじゃないんだな。もしかしたら後になって彼を愛せるエピソードも出てくるのかもしれない。それにしても「そりゃ大急ですから」って心から言えているのは彼にとって幸せなことだね。自分が勤めている会社にこれだけ誇りを持てるんだから。 

ゆりちゃんはオメデタなのかな??


紀夫くんは「変わらなければ」と頑張っているし、潔くんの「筋を通す」姿勢も好感は持てるけど、本当に、そんなに苦手なことを克服しなければいけないのかなあ、とは思う。
適材適所、であるし、人は1人でなにかを成し遂げるのではない、のだ。
そうなるんじゃないかなあとは思うんだけど、紀夫くんは経理関係が苦手なキアリスの女性達のために、得意な経理を活かして仕事をすればいいんだと思う。

苦手があるからこそ、その部分を助けてもらう、ということで人は人と繋がれる。助け合えばいいのだ。だからこその「会社」。得意なことを活かし、苦手な部分を助けてもらうためにこそ人は集まる。たぶんこのドラマのコンセプトの根幹がそれではないかと思うから、「紀夫くんが頑張って自分を変える」のが主眼ではないはず。

喜代さんは今は悔しいと思うけれど、彼女だって自分のできることですみれたちを支えてきた自負で幸せな気持ちになっている。琴子も今となってはそうであるようだ。「できた夫」たちは言わずもがな。
 
私もお金のことが苦手なんだよね…だれか助けてくれる人いないかなあ(^_^;)。正確に言えば「営業」も苦手。営業と経理をやってくれる人に協力してもらえるぐらい、自分はなにか「いいものを作る」ことができるといいんだけど。それは2017年度の目標だな。今はやっぱり「サボりすぎ」ですスミマセン。

ああ、でもあれだな、「これは私は苦手!」と言ってあっさり切り捨てて努力しない、ってのはまたそれはそれでよろしくないんだろうな。以外にも、やってみれば、少し努力すれば、自分の新たな可能性を見いだすこともあるのだろう。

放り投げず、かといってしがみつきすぎず。そういう柔軟性が一番肝要なのかもしれない。




posted by おーゆみこ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | べっぴんさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

#べっぴんさん あらすじ&私評 第51回: 考え方は違ってもいい  #NHK #朝ドラ

そうはいっても夫達は本当に理解のあるタイプだよね。

<新聞に載った効果か、ベビー相談室はますます大盛況。だがすみれたちは、ひとりだけ新聞に無視された形の明美の心を気遣う顔。
 
板東営業部で、すみれたちに断られたことを報告している紀夫。会社の今後のためには大急に恩を売っておきたいのに、と社員達は深刻に受け止め、説得できない紀夫を責める顔。紀夫はもう一度説得してみる、まずは大急に少し時間をもらえるように話してくる、と出て行く。紀夫が去った後、いずれは社長になる人なんだからがんばってもらわないと、などと話す一同、それを外で漏れ聞いてしまう紀夫。


営業終了後、じゃまたねと去って行く後ろ姿を見ながら明美を気遣うすみれたち3人。明美の力が大きいのになんであんな記事になってしまったんだろう、でももう出てしまったし…。

板東営業部では、潔に茶を出しながら、もともと人付き合いの苦手な紀夫には荷が重いのではと気遣うゆり。だが潔は大丈夫だという。

自宅で、大急の担当者に会ってもう少し時間をくれと言ってきた、とすみれに話す紀夫。
もう一度考えてみる気はないか、もっとたくさんの人に知ってもらったり使ってもらったり、そこから色んな可能性が広がるのではないか?そう問いかける紀夫にすみれは
「可能性…」
と思案顔。

タグのための刺繍をみんなでしているすみれたち。ふとすみれは手を止め、皆に話がある、という。
大急の話を受けてみたいと思う、と。なぜ?と良子に問われ、
新聞で4人のお店だと言うことがちゃんと書かれていなくて、悔しかった、ちゃんと知ってもらいたいと思った、と涙ながらに言うすみれ。
うなづく一同。
微笑む明美。

板東営業部を訪ねるすみれ。紀夫はちょっと出かけているという。紀夫不在の間に紀夫について話す一同。最近は接待でお酒を飲んで夜遅く帰ってくることが多くなった、とすみれ。潔は、来年には紀夫を社長にと思っている、と話す。

そこへ紀夫が帰ってくる。すみれは、大急の話をやはりやらせてほしい、と頭を下げる。
  
キアリスには、武が刷り上がった包装紙を持って戻ってくる。かわいらしいできばえに歓声を上げる一同。

そこへ夫達がそろってやってくる。大急との話を詰めようというのだ。
大急でやるためにはもっと縫い子も必要になる、と言うと、すみれたちは商店街の時子さん達はどうかという。夫達は、素人やないか、と難色を示すが、教えればいい、すじもいいしいいのじゃないか、と女性達は意見が一致。
もっとスペースも必要になるが、それについては君枝が自宅の部屋を提供すると言い、昭一に琴子の説得を頼む。以前に君枝の頼みを琴子に言えなかった負い目のある昭一は言葉を返せない。
さっそく時子さん達に話さな、とぞろぞろ出て行ってしまう女たち。あきれ顔の夫足たち。

酒を飲みながら、不思議や、と口々に言う男達。
キアリスが、よういままであんなんでやってこれた、というのだ。
これからは俺たちがたずなをとらなければ、と言い
「男会結成や!」
と完売する夫一同。

夜も遅いのに店の前を掃除している武。すみれたちと時子達との話し合いから明美が帰ってくる。ほかの3人は直接自宅に帰ったらしい。
「さんざんダンナの愚痴を聞かされたわ…。それでも帰る家があって待ってる人がいるんやもんな…」
と明美。

そこに、キアリスを紹介した新聞記事を持った怪しい人物の影。

影は…人の寂しさに…しのびよるものなのです…とナレ>

この時代の雰囲気が本当にどうだったのかは分からないけど。
必ずしも今の方が男性が理解がある、とは言えないのかもしれない、時代は時に逆行する。案外戦後の、新しい風に吹かれているこの時期の方が人々はまっとうで健康的な思考をできていた可能性もある。
とはいえ、やはりそれまで根強かった男尊女卑的社会のことを思えば、彼ら夫達は本当に理解のあるいい人たち。なんにつけ人々は、完全に意見が一致しなければいけないのではなく、むしろ意見の違いがあるほうがいいとすら言える。違いがあって、それぞれの視点からの見方をすりあわせる方がよりよくなる。どうしたって人は自分だけでは完璧ではない。自分に見えていないところを見て指摘してくれる人の存在は必要だ。要はバランス。
彼ら夫達は、妻達の考え方に呆れつつも、頭ごなしに押さえつけるのではなく、自分たちにできることで協力していこうという姿勢。理想的ではないか。
  
しかし明美の最後の、愚痴を言っても、帰る家があり待っている人がいる、という言葉。これは私にも刺さる。寂しさがよーく分かるよ…(T_T)。

だがここでも、明美のような、「立場が違う人」がいることが、色々な意味でいいのである。全く似たもの同士で集まったら、発想は固定化する。明美の寂しさを思いやる気持ちが生まれるだけでも、すみれたちにとって良いことだ。
そういえば明美自身も、かつて貧乏で、それゆえに金持ちのすみれなどのことをよく知らないままに恨んでいたが、今また別の意味で彼女たちをうらやまざるを得ない境遇になっているが、かつての逆恨み的心情からは脱しているらしいのが喜ばしい。とはいえ彼女の心境を想像すると辛い、我が身もまた…あるからね。
だがともあれ、立場や境遇の違う人たちが、互いに変に羨んだり恨んだりするのではなく、思いやり合い理解し合いながらことをなしていく、という姿が描かれそうなのはいいことだ。

posted by おーゆみこ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | べっぴんさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする