2010年10月07日

第10話 押し込め切れない  #teppan #nhk #drama

時間が立つに連れてむしろ混乱がひどくなるのは、案外リアルだ…。

<あかりがこないことを聞いた加奈は呆然とするが、あかりの座る椅子を片付けようとする生徒に、そこに置いておこうと主張。

演奏会にはがんばって仕事を早めに片付けた錠と真知子もやってくる。ところが幕が上がってもステージにあかりの姿がない。あれがうちの娘だとはしゃいでいる加奈の父親をよそに、憮然とする二人。

あかりがいないまま演奏会は進んでいく。黙りこくって座っている錠と真知子。出入り口の近くで鉄平も舞台を見つめている。あかりの座っているはずの席にはトランペットだけがおいてあった。
「また…水にはまっとるのかねえ?」
と真知子。
「また…ってお前、それ幼稚園のときのことじゃろ…」
「………」
当惑を隠せない二人。
ついに最後の曲「威風堂々」が始まってしまう。

あかりは面接を終え、演奏会場の外まで来ていた。
外に漏れ聞こえてくる曲にあわせ、トランペットを吹く指使いをする。
そして演奏が終わると、両手を頭の上にあげて思い切り拍手し続けた。泣きそうな表情で…。

外に出てきていた鉄平がそれを見つけて声をかける。父ちゃんも母ちゃんも、お前の最後の演奏会じゃと無理して見にきてくれてる、と言うが、あかりは目に涙を溜めながらも笑顔を作り、楽屋に行ってくると走り去る。

楽屋口から外に出たところ。吹奏楽部員たちは車に楽器を積み込みながら、互いに写真を撮ったりと楽しげに騒いでいる。そこにやってきたあかりに、真っ先に加奈が気づく。
「あかり!」
「お、…おーう!」
ぎこちない笑顔で手をあげて答えるあかり。
「おーうじゃないよ!?」
駆け寄る加奈。
「あかり?」
他の部員たちもいっせいに駆け寄ってくる。

他の客たちが去ってしまっても、錠と真知子は半ば放心したように席に座ったままだ。

堤防で、加奈とあかり。最後の演奏会に出ないなんてことまでして尾道での就職にこだわるあかりが分からない、と加奈。
「……。うちも、分からん…」
大の字になるあかり。
「…うちがだれなんかも、よう分からん」
「……どういうこと?」
あかりのそばにしゃがむ加奈。
「うちね………。………。 ……養子じゃったんよ」
「……え…?…」
「お父ちゃんも……お母ちゃんも……。………。欽兄も、鉄兄も…ほんとの家族と違ったんよ」
「…………」
とっさに言葉がない加奈。
「でもね…。ほんとの娘のように……ほんとの妹のように、育ててくれた。えへ、それって、すごいことじゃろ?……感謝せんとね」
立ち上がるあかり。
「びっっくり、したじゃろ?」
いつもの調子を装って明るく加奈に言うあかり。
「なんで……なんでそんなこと…」
加奈は言いかけるが言葉が続かず、あかりを抱きしめて泣き出す。
「もう〜!なんで加奈が泣くんよ、泣きたいのはうちのほうよ!」

村上家居間。沈痛な面持ちで座っている錠と真知子、そして鉄平。
「最後の演奏会だったのに…」
「……就職は、大事じゃ…」
「父ちゃんが、尾道尾道あおったけえの!」
大阪ならよい条件の会社がいくつかあったのにあかりは大阪はいやだと言ったと教師が言っていたことを話す鉄平。
そこへあかりが帰ってくる。
「あかり?」
「てへへ…。どうも、…です」
照れ笑いをしながら入ってきて、そこに座り
「だまってて…ごめんなさい!」

「なに謝る必要がある。お前の人生じゃ、お父ちゃんのう、お前の味方じゃ。どんな仕事でも、お前が納得できる仕事なら、どんどん挑戦すりゃええ」
「父ちゃんはあかりをそばにおいときたいだけじゃろ!」
と鉄平。
「悪いか」
「おれは、あかりは好きな音楽を続けるべきじゃと思う!」
「やめんさい」
たしなめる真知子。

「あかり…やっぱりあんた、大阪から戻ってからなんか変じゃね。なんか、無理してる」
「そんなこと…」
「大阪でなんかあったんか。なんか言われてきたんか、あのベッチャーに!」
「…ないよ!なんもないよ!」

そこへ何も知らない欽也が帰ってきて、演奏会はどうだった、やっぱり最後はボロ泣きか?などと気楽に話しかける。それに構わず
「あんたがええなら、それでええわ!」
と突き放すように言う真知子。そして立ち上がり、わざとのように欽也や鉄平の前をまたぐようにして去っていってしまう。
あかりも憤然と自室にいってしまう。
「ど、どした?」
欽也だけがうろたえている。
「間が悪すぎなんじゃ!」
と鉄平。

明かりをつけないまま部屋で
「やっぱり、ベッチャーじゃ。ぜんぶ、ベッチャーのせいじゃ!」
叫びながらベッドに大の字になるあかり。

翌朝。真知子の姿がない。血相を変える鉄平、錠、あかり。

真知子はそのころ、初音のところを訪ねようとしていた>

windowsではなくてubuntuというOSをインストールしたPCで書いているが、このデフォルトの日本語システムが大昔のマックのことえりなみにアホでかなりしばしば苦笑。きのうもメイン曲と書くつもりで「目陰極」…ってなにさ。
「演奏会場」とうつつ森が…いや、だから、鬱つもりが……だーかーらー。「打つつもりが」、
「演奏家異常」
そうですねあかりは今異常ですね。打ち直したら次は
「演奏会錠」
はい、錠も演奏会に来てましたね。
だーーかーーらーー。
あらためてATOKえらいんだな、と思う。

さてそれはともかく、だ。

最初の時「なんでもない!」ことにしようとして、みんなで一生懸命ふたを閉めたけれど、それでかえって収拾がつかなくなるくらい暴れだしている。
やっぱりここは最初から、鉄平の直観がある意味で正しく(とはいえ彼も自分の思い込みで突っ走るという点はときに大間違いをやらかすとは思うが)、隠すのではなく引きずり出して「対決」し、その上でねじ伏せ「恐るるに足らず!」と笑い飛ばしてやればよかったのだ。
だがもちろん初めからみんながみんな鉄平のようだったら、それはそれであかりが必要以上に傷ついたかもしれないのだが。
「ちりとて」でも、ときどきお母ちゃんがこんな感じだった。空気が読めない、と言われていた。みんなが気を遣ってビクビクしている所をずっぱり能天気に切り込んでいく。
そのとき確か書いたような気がするが、いわゆる「KY」というような言葉が通用してしまう、つまり空気を読むことをだれもが互いに期待しあい、それをしない人を一方的に糾弾するような風潮はちょっとおかしいかもしれない。とはいうものの、だれもみな傍若無人に「直感的に」行動したらそれもたまらないけどね。
でも、KYがときとして場を動かす。気を遣うタイプの人も、だれかのKYっぷりが何かの意味をその場で持っているかもしれないと考えるのは有効かもしれない、一般論として。

今回一番KYしてしまったのが、普段は全方位に気を使いまくりの欽兄だったところがなかなか深い展開だのう(かな?)。

お父ちゃんは、「お前の味方だ」と言うが、きのうも書いたが、何をどうすれば味方として相手を利することができるのかはよく分かってないし考えていない。でもまあ、「そばに置いておきたい」と思ってしまうことは父親としては当然だ。そのことで、「盲目的な父親の愛」を伝えているとすればそれは結果的に正解である。でも、お前の味方だ、お前の人生だから好きにしろ、というのはむしろ違う。これまた鉄平が遠慮もなく言ってしまうように、あかりを自分のそばに置いておきたいのだ!と言う論理、いや感情そのもので動いているんだよ、と認めてしまう方が良い。だから鉄平の指摘に「悪いか?」と返したお父ちゃんは良かった。だが「お前の納得いくようにしたらいい」というのはこの場合はむしろ、互いの遠慮の気持ちを際立たせてしまう。

ゆっくりじっくりの姿勢だったお母ちゃんが感情に突き動かされ始めた。いや、というより真知子さんもやはりずっと混乱しっぱなしだったのだろう。あかりへの愛情はもちろん揺るぎないが、どうしたらいいのかは迷いっぱなしだ。

だがだれもかれもが混乱してきて、エネルギーがますます渦巻き始めている。みんながみんな、あふれる愛とエネルギーをポテンシャルとして抱えているだけに。
押し込めてふたを閉めたゴミ箱の中のなにかが、爆発寸前だ。もう抑えられない、一度爆発させて、それからきちんと掃除しなければならないのだ。もともとは、たいしたシロモノじゃない。押し込めたから発酵してしまっただけ。


posted by おーゆみこ at 12:19| Comment(5) | TrackBack(0) | てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

第9話 似たもの父娘 #teppan #nhk #drama

あ〜あ〜。

<真知子が千春のことを話し始めたが、千春は顔を歪め、そんな話は聞きたくない、うちはほんまは村上あかりじゃなかったと言いたいのか、と猛然と反発し、きびすを翻して去ってしまう。
「ぜんぶ、ベッチャーのせいじゃー!」
と叫ぶあかり。

遠い大阪で初音は呼応するかのように
「そんなん言われんでも分かってます。あの子は尾道の村上家のもんや。もう2度と会うこともない子ですわ」
と、村上家と一緒に写っている写真の千春に話しかけている。

ことのいきさつを錠に話しているらしい千春。何を余計なことしているんだと気色ばむ錠。でもあかりはちょっと変だと真知子。あかりは何も変わっていない、へんなのはお前の方だ、と錠。
そこへ、あたかも名にもなかったかのように明るい声であかりが帰ってくる。「ほれみい」と錠。

夕食の支度を手伝いながら、さっきはごめん、とあかり。そして
「うちがすぐかっとなるんは、ほら…お父ちゃんに似たんじゃろ。…ほんで、楽観的なところはお母ちゃん似で、欽兄とは……不器用なところが似とるかも。ほんで、鉄兄とは…」
「…そうじゃね、無鉄砲なところ?」
「ふふ、ほうよほうよ、それにほら、勉強嫌いなとこ?」

それをひそかに覗き見て、微笑む錠。

このままおさまるかに見えたのだが…。

あかりは尾道での就職活動に苦戦する。教師は尾道での就職口はあまりないといい、大阪での就職を勧めてくるがあかりは尾道に固執している。
村上家一同もあかりの就職の行方を気にしているが、なかなか朗報がない。

就職活動の傍ら、最後の演奏会に向けての練習にも励むあかりと吹奏楽部員たち。
いよいよ演奏会の前日。吹奏楽部の仕上がりは順調のようである。みんな、悔いのないように思いっきり演奏しような、と顧問の教師。はい!と元気良くあかりも答える。

学校の屋上。加奈とあかり。明日であかりと演奏できるのはじゃね、と加奈。うちは音楽から卒業じゃ、とあかり。加奈は、だが、あかりが尾道での就職にこだわるのがいまひとつ納得いかない。自分はとにかく家を出たいのに、といい、でもあかりは家族思いだから、恩知らずのうちと大きな違いだ、と。加奈はなにげなく言ったようだが、あかりは過剰反応し
「そんなん、どう感じてもうちの勝手じゃろ? …何も知らんくせに…好き勝手なこと言うな…」
半べそをかいて去ってしまうあかり、戸惑う加奈。

篠宮造船所の久太が錠たちのところを訪ねてきていた。どうやらあかりは久太に雇ってもらえないか頼みにいったらしい。だが受け入れてあげられない、ということで久太がわざわざやってきたのである。すみませんねあかりが変なお願いして、と言った真知子に錠が反発。尾道で就職したいののどこが変だという。だが真知子は、この間まで音楽の道に進みたいといっていたのに変だろうと譲らない。ちょうどあかりが帰ってきたのだが気づかない3人。久太は帰ろうとして鉢合わせうろたえる。屈託ない表情をしてみせるあかり。
錠はあかりの肩に手をおいて
「あかり、お父ちゃんはお前の味方じゃからの」
複雑な表情で見ている真知子。

あかりはある会社から面接の知らせを受け取っていた。だがそれは演奏会の日である明日である。

演奏会当日。はりきってあかりの髪のセットをしてやる真知子。
「ねえお母ちゃん、お母ちゃんは村上家に就職したみたいだね。ずーっと、仕事しとる」
「なに言ってんの、お母ちゃんはお母ちゃんをしてるだけよ、それが好きなんやね」

今日ぐらいは就職のことを忘れて楽しんでおいでとあかりを送り出す真知子。

ところが。

あかりが演奏会場にきていない。鉄平も探しているようだが見つからないのだ。だがそこへ教師がやってきて、村上あかりはきょうは来れない、本人から連絡があり、就職の面接だそうだ、と皆に告げる。呆然とする加奈、唇を噛む鉄平。

面接会場で必死で自分のアピールをしているあかり。
「部活は、ブラスバンド部でトランペットを吹いています…いえ、吹いていました!」


(あんた…ほんまに、これで…ええのんか?) とナレ>

ほんとにあんたは、お父ちゃんにも兄ちゃんたちにも母ちゃんにも似ているよ。気を遣って、でもエネルギー量がそもそも高いようで、それだけに空回りも大きくなる。

なんにも知らずに地雷を踏みまくる加奈ちゃんがお気の毒。でもそろそろ加奈も、なにかあると気づくころだろうな。いくら尾道への就職にこだわるとはいえ、最後の演奏会をすっぽかすなんて尋常じゃないと思うだろう。

錠父ちゃんだって本当は気づいている、たしかにあかりがどこか無理をしていることは。でも認めたくない。だからそれについて何か言われると過剰反応ぎみ。
リアクションが父娘でそっくりだ。血がつながってなくても、ずっと一緒に暮らしていればそうもなるよね。

だれもあかりに、なにか偉そうに諭したり諫めたりしない。
お父ちゃんは「おれはお前の味方だ」って、どうすれば味方したことになるのかいまいち分からないが (^_^;)、ともあれ彼の方からこうしろああしろとは言わない。尾道で就職するのは素直に嬉しいからリキが入ってしまうが…。
真知子さんも、ゆっくりじっくり構えている。まあ彼女にも、こうするべきだという具体的な方針はなにも見えてはいないのだろうが。

そしてまた、初音さんの押し込めた哀しみに心が震える。
でも今週末までには話は大きく動くのだろうから、どうなっていくのかかなり楽しみ。

明日の放送は、トランペット監修の方が「なんど見ても泣いてしまう」場面らしいのでこれまた期待大。最後の演奏会のときは私も泣いたよなあ。3年生はみんな泣いてしまうのよね。ここの吹奏楽部のメイン曲は威風堂々のようだけど、私の時は「アッピア街道の松」で、いやがうえにも最後に盛り上がり、そりゃもう大泣きしながら吹いてましたわ。いまだにアッピア街道聞くと鳥肌…。






posted by おーゆみこ at 23:29| Comment(4) | TrackBack(0) | てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

第8話 ゆさぶられる(あらすじ付き)  #teppan #nhk #drama

あらすじも復活してみる。

<就職すると宣言したあかり。ブラスバンド部の練習で、教師が今日はこれで終わろうと言っても、3年生には今度の演奏会が最後なのだからもっとやろう、とせがむ。

鉄平は千春のトランペットをあかりの部屋に持って行こうとするが真知子に止められる。みんな変だ、互いに遠慮している、と憤然とする鉄平。だが真知子は、自分の進路の方を考えろと話をそらす。

あかりは加奈に、トランペットは卒業して尾道で就職すると宣言。加奈は、自分は尾道から出られればどこでもいい、家族から離れて自由になりたいのだという。うちとは全然逆じゃね、とあかり。

加奈の父親久太は、尾道にずっといるとあかりが言ったことで上機嫌の錠を羨ましがる。だが隆円は、往生際が悪い、と言い
「子供なんてもんは親に反発してなんぼじゃ」
あかりが自分の出生の秘密を知ったために、遠慮しているのではないか、反発ができないのではないか、と隆円。
それに反発する錠。あげく、かつて真知子を巡って争ったらしい二人はそのことでもけんか腰になる。

欽也は外回りの仕事中で顧客に頭を下げているが、成果がはかばかしくない。そこに通りかかったあかり。ともにアイスクリームを食べる二人。欽兄はどうして尾道で就職したの、とあかり。村上家の長男じゃけえのう、と欽也。欽也も逆に、あかりはどうして尾道で就職すると言い出したのかと聞く。
「そりゃあ……。村上家の長女じゃもん!」
ためらいがちに、だが自分に言い聞かせるように言うあかり。欽也は、おまえも突然のことで驚いただろうが、両親に聞けないことがあったら…
「それじゃ聞くけど」
俺に聞け、という言葉を待たずにいきなり聞くあかり。
「どうしてうちは村上鉄工所の子になったん?」
「そりゃ…千春さんがうちの鉄工所を手伝うことになって………。それで…それで…。……兄ちゃん、そのとき5歳じゃったけえのお…」
「………。大丈夫よ、うち、お父ちゃんやお母ちゃんには、なんも聞く気ないけん!………なにも変わらんじゃろ?」
「そうじゃ、何も変わらん、なに言うとんじゃ!変わらんよ!」
「欽兄…。ありがと!」
笑顔のあかり、だが少し泣きそうな声。


墓参りしている真知子。そばで隆円が掃除をしている。隆円に声をかける真知子。
「珍しいのう、墓参りか」
「うん…、千春さんに、相談しとった」
「なんか答えてくれたんか、千春ちゃん」
「やっぱり…答えは自分で出さんとね…」

去っていく真知子の後ろ姿を見送りながら
「親は、辛いのう…」
つぶやく隆円。
村上家の墓の横に、ごくごく小さな墓石。それが千春の墓なのだろう。

錠は上機嫌で仕事をしている。帰宅してきたあかりがその仕事に興味を示す。船に使う鉄板を作る錠は仕事に誇りを持っているようだ。重い鉄のかたまりが船となって水に浮かぶ。この小さな鉄板のどれヒトツが欠けても船はできない。
「どう言ったらええかのう…ほうじゃ、家族とおんなじじゃ!」
「うんうん!」
あかりは笑顔でうなずくが
「分かるか?」
「さっぱり分からん!」
「この〜〜!」
ふざけてあかりを羽交い締めにする錠。ところがあかりが動かない。ぎょっとして
「どうした…痛かったか?」
「…お父ちゃんの匂いじゃ…。油の匂い。昨日洗濯したばかりなのに、すぐお父ちゃんの匂いになる。…洗剤の無駄じゃ!」
笑ってふざけ合う二人。
そこへ真知子が帰ってきて、一緒に買い物に行こうという。

「うん、大丈夫じゃ。…なーんも、変わらん」
ひとりつぶやく錠。

寝転がって「船舶ガイド」という本を見ながら
「地味じゃの〜〜」
とつぶやいている鉄平。錠がやってくると慌ててその本を隠す。だがめざとくそれを見つけた錠は
「おいおまえ、興味あるのか」
「4コマ漫画読んどっただけじゃ」
「よう言うわ」

突然、鉄平は錠に向き直り
「あかり、自分からは言えんと思う。お父ちゃんから言うてやらんと」」
「なにを」
「あいつ、ほんとは音楽を続けたいんよ」
「おまえにそう言ったんか」
「俺にだって言えるわけないじゃろ?自分が養子だって、知ってしもうたんよ?
親に気ぃ使って、そんなこと言えるわけないじゃろ」
「なんで気ぃ遣う必要がある?今まであかりのやりたいことは全部やらせてきた。これからもじゃ」
「ほいじゃ、なんで就職を喜ぶん?」
「……親いうんは、子供がそばにおったら嬉しいもんなんじゃ」

仲良く買い物をしている真知子とあかり。だが真知子はあかりを船着き場に誘う。
そして、かつてここに千春がうずくまっていた、と話す。
5歳の欽也の手を引き、1歳の鉄平を抱いていた真知子に、千春は、お腹がぺこぺこだと訴えた。千春のお腹には6ヶ月のあかりがいた。

(それは聞かなくてもええかもしれんこと、言わんでも、ええかもしれんこと、なのに、なあ…?)
とナレ>

あらすじも書きたいモードにスイッチ入ってきた…まあ続けられるかどうか分からないけども。あらすじを書きながら見直していると、さらっと見ているときよりずっと心にしみいるところがある。この脚本は前作と比べてアラが目立つ…なんてこと絶対にないぞ!

私評として書きたいことは、ほぼ昨日書いたことと同じだ。
こういう場合、母親と父親ではやはり少しずつ感じ方が違うだろう。もともと父親は、実子なのかそうでないのか実感として分かりにくい。錠にとってあかりはまさしく我が子である。真知子さんにとっては、でも、少し違うだろう。自分のお腹を痛めたかそうでないかという感覚の違いももちろんある。だが昨日も書いたように、母親として、本当に産んだ母親の気持ちを別の形で共有する。実子よりも疎遠に感じるという意味では全くなく、むしろ2人分の母親の気持ちを背負ってしまっているのだ。

鉄兄は、一番あかりをかわいそうだと言ったが、その後やっぱり一番あかりの本心を…あかり自身が分かっていない…分かろうとしたがらない本心を分かっている。それは、その痛みを自分のものとして感じたからだ。人ごととして「かわいそうに」と思ったのではなく、自分がその痛みを感じたのだ。

しかし欽兄の気の遣い方も決して間違っているわけではない。欽兄は別の側面であかりの気持ちに共感している。人の気持ちは一面的ではなく、同じ人の中にいろいろな気持ち、時には相反する気持ちが共存する。欽兄の気持ちも、鉄兄の気持ちも、両方ともしっかりあかりの気持ちに寄り添っているのだ。

なにかこみあげてくるような愛しい気持ちになる。これはむしろ前作にはなかったことかもしれない。前作は優れているが、それこそ「外から見て」いた感じ。でもこのドラマには鉄兄のように、なんだか分からないけど揺さぶられる。
posted by おーゆみこ at 13:34| Comment(5) | TrackBack(0) | てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。