2016年12月20日

#べっぴんさん あらすじ&私評 第68回:自分が本当に望んでいるのは?  #NHK #朝ドラ

あーあー。昭一さんそりゃないよ。

<キアリスを辞めたすみれは落ち着いた朝を迎えた。ゆっくり弁当を作り紀夫を送り出すことができる。
さくらが友達に会いたいというので保育園には連れていく。だが保育園は諸事情で母親が家にいられない子供たちのためだから、と年内でやめてくれと言われてしまう。

君枝は大急との打ち合わせに出席している。大急では戦後初めてのクリスマスセールをするので、目玉商品を考えてくれという。

すぐにはいいアイデアが浮かばず、ひとり3つずつ考えてこよう、と君枝、良子、明美。
明美は「キアリスガイド」の執筆をしたかったが、帰ろうとする良子たちに気を使ってか、やはりいったん帰宅した。
だがややあって武への夜食を持ってやってきて、ガイドの執筆を始める。そんな明美の優しさをほめる武。

紀夫はキアリスの経理は引き続き見るという。ただ週に1度だけだ、昭一さんと勝二さんはもっとかかわるから申し訳ないけれど、と紀夫。

ゆりがオフィスに入ろうとすると、中から潔がゆりの妊娠を社員たちに告げている声が聞こえる。ほんまにうれしい、と言っているのを聞いて微笑むゆり。ところが、潔は、子供が生まれたらお手伝いさんを頼むと言い出す。ちょっとまって、私はお手伝いさんに頼む気はない、と入って行って抗議するゆり。なにがいけないのかわからない顔の潔。
心配せんと、わしにまかしとけ、と潔は言うが、ゆりはすぐには言い返せないものの、納得していない顔。

キアリスガイドの執筆が進んだ明美。ところがちょうどやってきた昭一と勝二に見せると、すみれが書いた(とは彼らは知らない)前半をほめ、後半はちょっと文章が固い、と言う。焦って止めようとする君枝にも気づかず、「前半を書いたのは
頭がよくて柔らかい人、後半は頭が固うて面白くない人」とまで言う。悪うございましたね!と怒る明美、慌てる昭一たち。

明美はすみれを訪ね、執筆についてのアドバイスを求めるが、すみれはアドバイスはうまく思いつかない。その代り、自分が手伝うという。家でできることならできるから、と。
  
紀夫の弁当を見て愛妻弁当ですねとうらやましがる同僚。それをみて心穏やかでない顔のゆり。

入院している喜代を訪ねるゆり。なんとなく表情が曇りがちのゆりに気づいて、どうしたのかと尋ねる喜代。つい泣き出すゆり。
「なにをどうしたらいいのか…」

紀夫は相変わらず説明会でもうまく立ち回れない。

帰宅した紀夫にキアリスガイドを少し手伝ってもいいかなと尋ねるすみれ。承諾する紀夫。
その夜、せっせと執筆にいそしむすみれ、それをそっと見ている紀夫。
「すみれの中のキアリスへの想い。それを改めて感じた紀夫君でした」とナレ>

知らなかったとはいえ、書いたのは4人のうちだれかに決まっているんだから、あんな言い方はありえないよね。明美さん気の毒に。

それはともかく。
みんな、「あるべき姿」の呪縛にとらわれてしまっている。世間が思っている、妻の姿、夫の姿。
このドラマの登場人物たちはそれでもそういうところが少ないほうだとは思うけれども。

先週土曜の予告の中で、すみれが「ずっとこうするのが夢だったの」と言ってはいたけれど、それはおそらくこうやって妻や母の役割をちゃんと果たし固かった、という意味なのではないかとその場面からは推測されるけど、そうだとしたら、それもある意味の錯覚だと思える。自分の中にはいろいろな自分がいるから、母でありたい妻でありたい自分も決して嘘ではない。けれどそこには多分に、「こうあるべき」といつのまにか思わされている姿になって、その点で「安心したい」という気持ちがあるのだと思う。真の意味で自分の望みではない。「あるべき」形から離れていたことで居心地が悪かったのを解消したい。けれどそれは自分の魂が求めている「あるべき姿」ではないのだ。
とはいえ、人はその葛藤から学び、成長していくことも事実だから、はじめから「自分のやりたいようにやる」のが最善でもないかもしれない。
ただ、常に、自分が本当に求めているのはなんなのか、今自分がしたいと思っていることは本当に「自分の」望みなのか、と考えることは必要なのかもしれない。外部からの影響で「したいと思い込まされている」だけかもしれない。

さくらも保育園にむしろ行きたがっている。年内で行かれなくなってしまうのはショックかもしれない。保育園に行かせるなんて可哀想、というのも「思い込み」である。すみれが仕事を辞めたことを聞いて喜んで見えたのも、自分が甘えたいというよりも、いつも根を詰めているすみれを心配していただけなのではないか。
紀夫も頑張ったところで、人前でしゃべるということが苦手でなくなる気配はない。苦手をなんでも克服しなければいけないなんてことはないのに。

総じて、自分らしい自分を活かし、かつ相手のことを思いやる、その両立がこのドラマのテーマだと思う。その方向で今の諸問題がスムーズに解決することを期待。  

posted by おーゆみこ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | べっぴんさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック