2016年11月27日

#べっぴんさん あらすじ&私評 第48回:幸せのコツはシンプル  #NHK #朝ドラ

紀夫くんがらみのゴタゴタが長引かなくてよかった。

<紀夫はできるようになったばかりのお手玉をさくらに見せる。さくらも笑い、紀夫も久々に嬉しそうである。
 
ファッションショーの会場。板東営業部として婦人服のライン「オライオン」の資料を客達に配り、来賓に挨拶する潔と紀夫。すみれたちはキアリスのカードを配る。

ドレスを着て居並ぶすみれたち。プロのスタイリストらしき人がついて見た目をチェックしている。いよいよショー開始。音楽がかかり、女たちがステージに登場すると客の女性達は歓声を上げる。近江の静子と節子までモデルとなっている。レコードが針飛びし、音楽がブツブツ切れて調子が狂ったのか節子は転んでしまったりするが、それでも嬉しそうだ。
最後にすみれたち4人が登場。大きな拍手。紀夫も笑顔だ。
  
モデルの女性達を紹介するすみれ。
商店街の女性達は時子が代表で挨拶する。とぎれとぎれながら
「商店街の主婦です。こんな機会をいただいて……これから前を向いて生きていけると思います、ありがとうございました、子育て、頑張るぞ!」
涙ながらに語る時子に大きな拍手。時子父も感激の面持ち。

「ずっと田舎暮らしでしたけど、こんなお洋服着せて戴いて、心が晴れやかになりました!」
と近江の静子が言うと、節子も満面の笑みで
「また呼んで下さい!」
「みなさん、頑張りましょうね」
と悦子。

キアリスの紹介をするすみれ。戦後の苦しい中、自分にできることを考えて今のお店を始めた。夫が帰ってきて生活に対する不安も少なくなった、だからこそ気づいたのは
「お店が、私の人生の喜びになっているということです。世の中にはいろんなことがあるけれど、仲間が居れば、大きな力が生まれること、独りでできないことも仲間と一緒ならできること、女の人も、そんな夢を見ることのできる世の中になれば、と思っております」
涙を流しながらそう話すすみれ。
じっと聞いている紀夫、そして栄輔。
「人を信じることの豊かさと、夢を叶えていく姿を、……私は、娘に見せてやりたいです」
拍手を始める潔。皆がそれに続く。鳴り止まない拍手。

じっとそれを見ている年配の男がいる。

ショーの後片付け。栄輔の姿がないことにブツブツ言う社員達。

人のいなくなったステージでドレスを身体に当てて軽くステップを踏み、嬉しそうなゆり。

栄輔は事務所にいた。背中に荷物を背負っている。潔が入っていくと
「兄貴…もし兄貴に会えていなかったら…どないなっていたやろな…」
そして潔に向き合い
「兄貴のおかげで生きる希望が持てた。いつか…兄貴のおかげで今があると言えるようになりたいわ」
「どうしたんやいったい」
「なんや、伝えとうなってな」

それきり栄輔は姿を消した。

紀夫はすみれに
「あんな…。すみれの気持ち、よう分かった。自分だけ…浦島太郎のような気になってたけど…それではあかんのやな」
「…ありがとう…」
紀夫に抱きつくすみれ。すみれの頭を撫でる紀夫。
やっと…やっと、これからが、今、始まろうとしています、とナレ。
止まっていた時計のねじを巻く紀夫。動き出す時計。>
  
人間だから心が傷ついたり、気持ちが腐ったり、しないでいることはできない。嫌なことに全く遭わないでいることもできない。紀夫くんのような壮絶な体験をするとその傷も深く、容易に回復はできなくても仕方がない。
とはいえ、それを癒やす力を持っているのは自分自身だ。人に依存しても癒やされない。依存、というのは前にも書いたように、自分が誰かにあからさまに甘える、ということだけではなく、「甘えて欲しい、頼られたい(それによって自分の存在感を確認したい)」という形でも依存と言える。
けれど、仲間の中で自分の存在感、「居場所」を見いだすこと自体は大切、というより人はもはやそのために生きているといっても過言ではない。
だが、他人を不自然にコントロールすることなく、互いを尊重し、その世界を認めることでしか、本当にはそれは実現されないのだ。
  
傷ついても、そこから立ち直る自分の力を信じ、いつまでもウジウジとしていないこと。暗い顔をやめて、笑顔になること。幸せのコツはシンプルなのである、だがそのシンプルがときにとても難しい。難しいけれども、そこにしか正解はないのだ。
  
紀夫くんが賢い人でよかった。自分を客観的に冷静に見れる人だったからよかった。
すみれも、むやみに反抗せず、栄輔に自分の気持ちをちゃんと言わなければと言われても、一方的に紀夫に訴えるという形を取らなかったのがよかった。
  
栄輔くんは戻ってきて欲しいな。やっぱり明美とのフラグはあると思う。

そういえば節子や静子も可愛くなって。長太郎さんもゆりと潔の小芝居につい笑ってしまったりして、すっかり「いいひと」モードになってるけど、それも嬉しいな。とにかく朝ドラでは悪い人を見たくないのです。


posted by おーゆみこ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | べっぴんさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。