2016年11月27日

#べっぴんさん あらすじ&私評 第47回:仲間が居れば百人力  #NHK #朝ドラ

みんなでやれば作業は楽しいよね。  

<ファッションショーには、市井の普通の女たちをモデルに使おうと潔が提案。そもそも戦争を乗り越えてきた普通の女たちが着てくれることを想定しているのだ。
  
すみれたちは商店街の女性達にモデルの話を持ちかける。最初は怯んでいた女性達も、実際のドレスを見せたら飛びついてきた。
常連客の麗子も乗り気だ。きれいな友達を1人連れてくる、という。
  
明美は栄輔を呼び止め、すみれのことが好きなのだろう、でも
「分かってるやろね」
「分かってるわ。でもあの人は今悩んでるんや」
「……家族は大切にせなな」
明美が栄輔の家族のことを聞く。皆戦争で死んでしまったのだと話す栄輔。明美も自分が独りであることを明かす。
  
モデルをすることになった女性達は、ショーのための練習をしている。はじめはぎくしゃくしていたけれど、次第に乗ってくる。
ゆりは、すみれたち4人もモデルをしてくれ、と頼む。それを聞いた紀夫はその場からつ、といなくなってしまう。
  
いつにもまして厚化粧した麗子がやってくる。その後、麗子のきれいな友達、がやってくる。なんとそれは女学校の同級生、悦子であった。
すみれが
「ここが私たちのお店、キアリスです」
とはっきり宣言すると
「ほう。やるやないか。ちくちくお裁縫がご趣味の手芸クラブ…。…ええ場所見つけたね」
微笑む悦子。微笑み返すすみれ。
  
準備は着々と進んでいるが、すみれは何かが引っかかっている様子。
ややあって、あ!と思いつく。店の宣伝のために小さなカードを作ろうと提案。
君枝にデザインしてもらい、皆でせっせと、一枚一枚手作業でカード作りに励むすみれたち。生き生きした様子。
「このときすみれは確信しました。キアリスは、やっと見つけた自分の居場所なのだと」とナレ。 
  
潔は紀夫に、新聞社などに対する資料を渡し、ショーの時になにか聞かれたらよろしく、と言う。驚く紀夫。それは紀夫さんの役目だ、自分はそういうのは苦手だ、と資料を潔に返そうとする。だが潔は、自分は板東家の当主が誰になってもそれを支えると決めていたのだ、紀夫くんとだったら、うちの親父とお義父さんのようになれると思う、と言い、資料を押し戻す。


夜遅くまでカード作りを続けるすみれたち。君枝を心配する昭一が声をかけても君枝は動かない。だがゆりが、明日本番なのよ、と言うと、大変、クマを作って出たら笑われる、寝なきゃ!と良子。

紀夫はひとり、お手玉の練習をしている。上手くできるようになり
「できたーー!」
と大声で叫ぶ>

そうかー、コピー機もない時代。カードを作るのも大変だったよね。
でもこれを一人きりでやったらうんざりする。仲間がいるからできる。仲間がいるってことは、単に人手が多くなるってことじゃない。気持ちの支えが強固になる。だからこそこのドラマなんだろうな。テーマは、仲間のある中で自分の居場所を見つける、ってことなんだな。
  
栄輔くんと明美ちゃんのフラグたったな…と思ったら(今回金曜と土曜の分をまとめて日曜に見ている)あらら。でもフラグは折れては居ないと思うな。てことで明日の分を書く作業に移ります。

  



posted by おーゆみこ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | べっぴんさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。