2016年11月22日

#べっぴんさん あらすじ&私評 第44回:人は衣服を着てからが人  #NHK #朝ドラ

辛い話…。

<あさやを出て新しい店に移るすみれたち。浅田は寂しくなる、といって涙ぐむが、すぐに新しい店にも現れ「隣の隣やからな」。

さくらは紀夫にはまだよそよそしい。寂しげな紀夫。

紀夫の職探しは難航している。物乞いの姿や米兵の靴を磨く少年を見たりして複雑な顔。

家で風呂に入りながらも色々と物思う紀夫。米兵に群がってチョコをねだる少年達の姿。歓迎会で進駐軍からもらってきた食料。そして栄輔になついているさくらのこと。
  
近江ではゆりが荒っぽい男達を相手にしながら麻布の仕入れに奮闘している。
接待役もしなければならない。大事な客だ、そそうのないように、と節子達に念を押されながらも、尻を触った客と揉めてしまう。
トク子はゆりの態度をいさめる。泥水をすすらんならんことも、水に流さんならんこともある、だが、 自分次第でわき水にも変えられる。
「……」
「分からんでもええ、…分からんかったら、あんた、帰りなさい!」
意外にも強い口調のトク子。

職探しが上手くいかず、独り夜の街で酒を飲む紀夫。そこに昭一と勝二が通りかかる。一緒に飲もうという二人。自分はまるで浦島太郎だ、帰ってきたら日本は変わっていたと嘆く紀夫に、自分たちも帰ってきたときはそう思った、と勝二達。
なんで女房達が働くのを笑って見ていられるんですか、と紀夫。昭一は
変わらなあかん。女房達が未来を見て動き出している姿を見てそう思った、という。

すみれが働いていると聞いたときは驚いた、と紀夫。辛い思いをさせたなとねぎらいはするが、色んな人が助けてくれた、とすみれがいうと
「すみれ、もういっぺん言う。他人を信じるな」
「なんでそんな寂しいこと…」
紀夫は、人は状況次第でころりと変わってしまう、と言う。
前はそんな人じゃなかったじゃないか、というすみれに紀夫は、
「収容所で、あんな思いをして、変わらん人間がいたら知りたいくらいや」
  
収容所では、風呂に入るにも、服を盗まれないように見張る仲間が必要だった、極寒の世界で服を盗まれたら死に結びつく。仲間と思っていた人間に裏切られて服を盗まれて死んだものも大勢いた…。とつらい体験を話す紀夫。

お休み、と言って紀夫がひっこんだあと、物思うすみれ。
変わらずにいることを望むことは…酷なことなのでしょうか、とナレ。>
  
 
壮絶な体験をしてきた人が、紀夫のようになってしまうことを責めることはできない。
そんな体験とは無縁に過ごしてこられた自分の幸運をただ感謝するだけだ。
  
戦争の罪は、物理的なものばかりではない。戦争という状況下で、人はたしかに、自分が助かるために鬼にも夜叉にもならざるを得なくなる。だがたとえ生き延びても、そのことがその人の心に、魂につけた傷は容易に癒えない。
生き延びるために必死だった彼らも、紀夫のように、実は「自分が」助かりたいとうだけではなかったろう。祖国で待つ家族のために、と思っていただろう。もしも自分だけだったら、銃弾や爆撃の傷ばかりではなく、心につけられた傷の痛みで、あるいはもう死んだ方がましだと思ってしまうかもしれない。死んだ方がまし、ぐらいの心の傷を、自分を待って居るであろう家族を思う一心で耐えてきたのだ。
そう簡単に脳天気にはなれない。たしか潔も、戦地でのことは話したくないというようなことを言っていた気がする。自分が物理的に辛い体験をしただけならむしろ語れるかもしれないが、心に受けた傷…あるいは自分が加害者になったときもあるかもしれない、それ故についた傷に触れるのは辛かろう。

そしてそんな思いをしてまで家族の元に帰ってきたら、自分がいなくても何やらうまくやっている。事態を受け入れられなくて当然だ。自分がついこの間まで生きていた世界と、明るさを取り戻しつつある世界は自分の中でつながらない。 浦島太郎。もはや自分の居場所はない。
飽食の時代の、どこか甘えた「自分の居場所探し」とは違う壮絶な心理。
  
  
そう、戦争を経験していない私たちの世代以降は、きっと歯がゆいくらいに「甘い」のだろう。戦争でなくても辛い体験をしてしまった人たちから見たら、性善説的な考え方はちゃんちゃらおかしいのかもしれない。
だがやはり、人が人を全く信用できないなどという世界は、その世界の方が間違っている、と言わなきゃならない。戦争は「異常」な極限状態だ。それは間違っているのである。平和ボケなどと言うより、戦争は間違っている、と言い続けなければならない。私はあくまで性善説だ。性が善でなくなるような状況は間違っているのである。人間の根本が実は悪い、のではない。たしかに、「動物としての生存本能」はあるだろう。だが人を人であるのは(というか一部の動物だって思いやりを持っているとしか思えない話はいくらでもあるが)そのむき出しの本能に着せた「衣服」の部分からなのだ(もっとも着飾っていても信用できない人はいるけどね)。

…うむ、そう書くと、紀夫の風呂で服を盗まれて死んでしまう話、そしてキアリスや新生板東営業部が衣服、おしゃれ、を考え始めること(福島の地震と津波の影響で2話いっぺんに見たので、ここらは45回の話が混じる)も象徴的ともいえるな。人は衣服を着て人になる。ささやかでもおしゃれをしてその人たる姿を磨いていく。








posted by おーゆみこ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | べっぴんさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。