2016年11月18日

#べっぴんさん あらすじ&私評 第41回: そんなにすんなり進むような気もしないけど #NHK #朝ドラ

よかったね。すみれちゃん。

<復員情報がラジオから流れている。
すみれは五十八を訪ね、紀夫の消息は何か分かったか聞くが、五十八は、分からないというしかない。
雨が降り出す。雨宿りをしている靴磨きの少年や花売りの少女。

五十八はすみれに言う。
「ゆっくりでええから、紀夫くんの居ない生活も考え始めた方がいいかもしれん。先を見るんや」
「先…先って、どこですか。紀夫さんのことを考えることは、…後ろを見ていることや、とお父さんは考えてはるんですか」
「……ああ、…そうや!」
すみれは雨の中を飛び出して行ってしまう。慌てて、「売るべからず」と書いた栄輔の実家で作った傘をつかみ、後を追う栄輔。
  
すみれに追いつき、傘を差し掛ける栄輔。だがすみれは泣きじゃくるばかり。栄輔の差し出した傘を持って、黙って去ってしまう。
その日すみれは店に来なかった。心配する一同。 
またあの少女から買ったらしい花を活けている明美。
 
明美はすみれを訪ねていく。
「自分で決めるしか、ないんやない」
紀夫が死んでるか生きてるか自分で決めたらええ、決めたら楽やで、と。
そんなことは決められない、とすみれ。
「生きとったら、会われへんくても、ええやないか。元気に生きとってくれれば。……そう思われへんのやったら、諦めることや」
「………」
  
ぼんやり物思う栄輔の姿。

翌朝すみれが店に行くと、良子や君枝はわざと、色々相談したい、新しい店の名前とか、と言ってすみれの気を紛らわそうとする。じっと見つめる明美。
  
潔はゆりに、近江の麻糸を原料にして布を作りたい、それはお義父さんとお義母さんがしとった仕事や。わしはゆりに、近江に行って、お母さんがやっていたと同じことをやってもらいたいと思っている、という。
辛く苦しいことだと分かっている、どこか遠慮があって言えなかった、が、わしらの未来のために、それをしたい、と言うと、ゆりは、
「やっと自分の思っていること言ってくれた…」
と涙声で微笑み、自分もそうしたいと思っていた、という。
「わしらは変わっていかなならん。けれど、何があっても、わしが惚れたゆりは、変わらんはずや」

  
すみれが朝、家を出ようとすると、栄輔が門の中で待っていた。心配していた、という。そして、ためらいながら
「あの……。わしで……。わしで…よかったら…」
そのとき郵便屋がやってきて、すみれあての手紙を渡す。
知らない名前の人からの手紙だが、中を見ると、この手紙を預かったので送る、というメモとともに、差出人が紀夫の封筒。開けてみると
「すみれ、すみれが無事でいることを信じています。桜の咲く頃、帰ります。早くすみれに会いたいです。板東紀夫」

「紀夫さん…」
大粒の涙をぼろぼろこぼし、手紙を抱きしめるすみれ。それを見つめるしかない栄輔。>

前にも書いたけど、すみれの涙はきれいだな。真ん中からぷるんと盛り上がってぽろっとこぼれる。泣くのが上手な女優さん。
 
栄輔くんは気の毒だけど。明美ちゃんと上手くいくなんてことはないのかな〜。
  
とはいえ、紀夫がそんなにすんなり帰ってくるとも限らないかもしれないけど。明美の台詞が生きてくるのもこれからなのかもしれないし。生きているなら、それでいい、という。「自分で決めないと」というのもね。宙ぶらりんなのは一番辛い。
  
演出があっさり気味なのもむしろ気にかかる。郵便を受け取って紀夫の名前を見せたら明日に続く、なのかと思いきや。 
  
まあ今日も特に書くことはない。私の私評はあまりドラマに沿ってなくて、キーワードやキーコンセプトがひっかかったらそこから飛躍してしまうというスタイルなので(って偉そうに(^_^;))。 

  


posted by おーゆみこ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | べっぴんさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。