2016年11月11日

#べっぴんさん あらすじ&私評 第35回: ちとイケメン不足…(すいません) #NHK #朝ドラ

良子ちゃんのくっきりえくぼが戻ってよかったよかった。 
  
<時子たちは民江からベビー相談室の話を聞き、そういうのがあったら嬉しい、と口々に言っている。
  
美幸がやってきた。寸法を直したワンピースを着せるすみれたち。すみれは、このワンピースは美幸にあげる、と言う。大事に、大事にする、と喜ぶ美幸。  
  
すみれは、勝二が早い時間から飲み屋に入ろうとしているのを見てしまう。声をかけると慌てた様子の勝二。去ろうとするのを押しとどめ、良子が受け取らなかった給金の封筒を差し出す。良子に渡してくれと勝二は言うが、すみれは、これで時計を買い戻してあげてくれ、と言う。良子が生活苦でその時計を手放したことを話すすみれ。良子は大事な大事な友達だ、良子を幸せに出来るのはご主人しかいない、と言う。 

 
勝二は浮島時計店に行く。時子は、勝二が自分ではなく妻が、と言うのを聞いてピンときた様子。
  
買い戻した時計を良子に渡す勝二。自分はあまりに年上過ぎてどうしていいかわからない、良子みたいな人が嫁に来てくれただけでも有り難くて、という勝二に、何を言うてるの、と少し照れたような良子だが嬉しそうだ。
「この時計は、一緒の時を刻んでほしい思て渡したんや」
良子の腕をとって時計を付けてやりながら
「もいっぺん…一緒の時を刻んでくれ」
微笑み、涙ぐみながら
「…はい」
と良子。良子の手を包み込むようにする勝二。見つめ合う二人。  
  
ベビー相談室は隔週の土曜日にする、などと相談しているすみれたちのところに、良子が訪ねてくる。腕に時計があるのに気がつくすみれ。
うちの人に話してくれたんでしょ、と良子。余計なことだったかと気にするすみれだが、余計じゃない、すみれのおかげでいい方に進んでいる、と良子。
  
そこへ美幸がやってくる。今日が入学式らしい。祖父らしい老人が一緒で、ワンピースの礼を言い、美幸の両親は亡くなって、自分が育てていると話す。ワンピースを着た美幸に、良子が、それに合わせて髪を結ってあげると申し出る。可愛らしく三つ編みに髪を結ってもらって嬉しそうな美幸。これから入学式という美幸と祖父を笑顔で送り出す一同。 

みな、そのワンピースを作ることにしたときのことを思い出している。せっかく作るのだからテーマを決めよう、春だから、テーマは「入学式」だ、と盛り上がる一同の回想。 
  
「ここで……もういっぺん働きたい」
と良子。微笑む一同。

すみれが自宅に戻ると、玄関の前に復員兵姿の男がいる。
「板東紀夫さんのお宅でしょうか」
「……はい…」
「奥様ですか」
「………はい……」>
  
今日のツボは、良子が背負ってきた龍一を預かろうとする「下駄のおじちゃん」のメロメロっぷり。うひゃひゃひゃ、みたいな声になっててつい笑う。さすがに、下駄のおじちゃん「でちゅよ〜」みたいな言葉遣いにはなってなかったけどね(^_^;)。
  
  
そうか勝二さんも単に不器用だったのね。いいねえ不器用かつ誠実な男に愛されるってのは。良子ちゃんも民江ちゃんもすてきな旦那様を持ってていいなあ。明美みたいにうらやんでしまうよ、明美ちゃんにもいい人が現れますように。あんがい栄輔とか? 紀夫さんは今は不穏な描き方をされているけど、きっと戻ってくるんだろうしね。そういや浅田さんもヤモメなのかなあ。
  
このドラマは佳作だと思うし、触発されるところも多いし、私評を書くモチベーションは保たれるけど、録画して残しておくまでの思い入れには至っていない。それは多分……
「私好みのイケメン不足」
だからじゃな(^_^;)(^_^;)(~_~;)
  
いやとりたててイケメンじゃなくてもいいんだけどさ。五十八さんは人として素敵だけど、見た目的にはそんなに♥マークにはならない。てるてるの春男さんにはかなり♥マーク乱舞しちゃったけど。ドラマを見てて、まじめに考えて、触発されて、じーんとして、でも「好みのイケメンさんに身もだえる」てのも不可欠な要素だからなあσ(^◇^;)。栄輔くんはべらんめえな口調が可愛いけど。潔くんはあまり好みのタイプの顔じゃない。
  
  
……と、今日はまあブリッジ的な回で書くことがなかったのでつい。失礼しました。

 



posted by おーゆみこ at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | べっぴんさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。