2010年09月27日

第1話のその2  あらすじ追加! 

<2008年夏。尾道の野球場。ブラスバンド部で野球の応援をしているが、チームは敗色濃厚のようだ。だがひとり諦めずにトランペットで応援をリードする主人公:村上あかり。
(思い込んだら一直線。こういうやんちゃな子のことを、尾道では「がんぼたれ」言うらしいですわ)
と中村玉緒のナレ。
(この子が、まあるいお好み焼きを焼くようになるまでの、長い物語、どうぞお付き合いくださいますよう)

野球の応援の後、仲間たちと丘の上の公園のようなところでくつろいでいるあかり。試合はボロ負けだったが、楽しかった!と満足そうである。
そこへ教師が通りかかる。
「村上! 兄貴の方じゃ!」
補習をまたサボっただろう、また留年するぞと言われているあかりの兄:鉄平。兄だが留年して同じ学年にいるらしい。兄をからかうあかりも教師に呼び止められ、進路調査票が提出されてないと叱られる。
「お前、まーだトランペットで食っていきたいなんて夢みたいなこと考えとるんか」
「はい!夢を大事にせえいう先生の教えをちゃんと守って!」
「いいかげん現実を見んか、村上!」
自転車で走り去ってしまうあかり。

一方、街と海を見渡す高台にある、瀟洒な建物。店主が庭で花に水をやっている。古道具屋のようである。初老の女性が、トランペットのケースを複雑な顔で撫で、ついていたテントウムシのようなマスコットを手に取る。ケースを開けてトランペットを取り出す女性。
「どうです?」
と店主。
「間違いありません…。娘のです」
女性はケースの中にあった写真のようなものをとりあげてじっと見る。
(今から思えば、このトランペットが、すべてのはじまりやったんですなあ)

元気一杯で坂だらけの尾道の街を自転車で走るあかり。
(お寺の鐘と、鉄板を叩く音を子守歌代わりに、この子は育ちましたんやなあ」

若い住職が
「おいあかり!スカートの中見えてるぞ!」
などとからかう。

渡し船のつく港まで来て、自転車を押しながら
「現実、かあ…」
とつぶやくあかり。
(うーん、もうすぐ18歳。将来もちゃんと考えななあ…)
「まいっか!」
(おぃ!)

その時あかりの目に、港の突端に立つ女性の姿が入ってくる。古道具屋にいた人だ。
「ん?」
女性は手にトランペットを持っている。

と思うと、彼女はトランペットをふりかぶり、海に投げ込んでしまった。
「え”〜〜!!ちょっと!!」
悲鳴のような声をあげると同時に駆け出し、そのまま一気に海に飛び込んでしまうあかり。驚く女性。トランペットを持って浮き上がってきて
「なにするーー!!」
と叫ぶあかり。
「そらこっちの言うこっちゃ! あんた、アホちゃうか!」

なんとか上がってくるあかり。
「あんた何考えとるんじゃ」
「それ聞きたいんはこっちですよ!」
「ほしかったらあげるさかい、持っていき」
「ちょ、ちょっと待ってください。うちがこれをもらう理由はありません!」
「うちはそれを捨てた。あんたがたまたま拾った、それだけのこっちゃ」
「ちょ、ちょ、可哀想じゃないですか。これ、楽器ですよ?海に沈められたら、もうだ〜れにも吹いてもらえん。学校のより…ええもんみたいじゃし…」
「あんた…ラッパ吹きか」
「はい!」
「…ラッパなんかにうつつ抜かしとったら、ろくな人生おくられへん!!」
突然の剣幕で大声を出す女性。
「ろくな…?」
呆然とするあかり、それをよそにスタスタ歩き出す女性。再び追いすがり
「どういう事情かしらんけど、これはおばあちゃんのものです。大事にしてあげてください!」

そう言ってあかりは去ろうとするが、背後で女性はまたしてもトランペットを振りかぶっていた。ふりむいて
「ええええ〜〜〜!!!」
またしても海にダイブするあかり。

「こんなん、絶対、間違ってる!音楽の神様のバチが当たる〜!」
水面でゼエゼエいいながら叫ぶあかり。
「音楽の神様なんかしらん!そんな腹の足しにもならんもの、何の役にもたたんわ!!」
そう言い捨てると女性は、まだ水面に浮かんでわめいているあかりを尻目にさっさと去ってしまう。

尾道水道を渡った向島にあかりの家はあるらしい。
船で濡れた制服をしぼりながら
「なんじゃあのばあちゃん、まるで”ベッチャー”や」
と憤然としているあかり。

あかりの父親:錠は村上鉄工所を自営している。船のスクリューらしきものを作っている。妻の真知子がやってきてその仕事ぶりを褒め、錠も上機嫌だ。
そこへあかりが帰ってくる。ずぶ濡れの姿を見て驚く両親。

「とんでもないばあちゃんがおってね、これ、いきなり海に捨てよったんよ!」
「ははは、そんで海に?」
「ほうよ、ほんでね、ほんでね!」
「話はあと!早く着替えんさい!もう〜後先考えんと!」

だが真知子は、奥へ行くあかりが持っているトランペットのケースについていたテントウムシらしいマスコットに目を留める。見覚えがあるようだ。

駅。例の女性が立っている。手にしているのはトランペットのケースから取り出した写真であろう。それをじっと見つめ、ため息を付き、来た電車にも、ためらいながら結局乗らずにやりすごしてしまう。

夜。村上家では「名物」の巨大なてっぱんをセットしてお好み焼きをやるらしい。このてっぱんも船の廃材を利用して錠が作ったものだ。てっぱんに5つの丸を広げる真知子。
(村上家のお好み焼きは、広島から嫁いできたお母ちゃんの味と、海の幸を豪快に使うての尾道の味の、ええとこ取り)

長男は欽也も勤め先から帰ってきた。
家族5人でにぎやかに鉄板を囲む村上家。
軽口を叩き合ってじゃれあうような次兄鉄平とあかり。
「いらいらするんは、鉄分が足りん証拠じゃ」
と錠。
「ほんまお父ちゃんは、なんでも鉄につなげる」
と笑うあかり。
「地球の重さの3分の1は、鉄が支えとる。地球は鉄の惑星じゃ。じゃから人間にも鉄が大切なんじゃ」

二人とも進路はどうするの、と真知子。欽也は勤め先の信用金庫に空きがあるというが、
「ムリムリ。数字は天敵じゃ」
とあかり。あかりは吹奏楽部のある大学を探しているという。
「ゆくゆくはトランペットで食ってく気?」
と鉄平。
「うん、ま、夢じゃけどね」
「あかりのトランペットは元気がでるけんの」
と錠。

さっきのトランペットはどうしたの、と真知子が尋ねる。
「ほうや!もう、聞いてくれる? そりゃおっとろしいばあちゃんがおってね、…まるでベッチャーよ。なんかトランペットに恨みがあるみたいでね、海に投げとったんよ!」
「ふーん。ほんで?」
「ほんでね、うち…」
そのとき玄関でチャイムがなる。
「あ、うち出るわ」
あかりが玄関に行く。玄関を開けて
「…出た!」
なんと立っていたのはトランペットを投げ捨てた女性だった。2人とも呆然とする。
「ベッチャー…」
つい口に出してしまうあかり。
「ベッチャー?」

鬼の面をかぶって太鼓を叩くシーンが挿入される。

目を丸くしているあかり。
何も知らずお好み焼きを焼いている村上家。
(こうなることは…ま、決まってたことなんやけどな…)とナレ>

このあらすじを書き起こした今は、始まって1ヶ月後、すでにドラマも29回を見た10月末である。

私自身、「元気で何事にも一直線のヒロイン」と事前の番組宣伝で聞いたときは、なんとなく半目になってしまう気分でいた。だからこの第1話放映当時にもドラマをわりと斜めに構えて見ていたのである。だから初音さんが古道具屋でトランペットに出会うシーンも見落としていた。ツィッター上でそのシーンのことが話題になったので改めて見てみたのである。

ふむふむなるほど。
あたりまえだが、第1話にはちゃんとその後の展開の伏線…いや伏線と言うか、普通のお膳立てがちゃんとなされていたんだな。
先生が「いいかげん現実を見ろ」といい、あかり自身も「現実かぁ…」とつぶやいているが、すぐに「まいっか」とやりすごしている。
だがこの直後に、とんでもない「現実」と直面することになるのだ。
そう思うとこの先生の台詞も、単によくある台詞として書いているんじゃないことが分かる。

そんな「現実」には自分を支配させない…というか、「現実」がどうあれ、幸福は自分の意志で作っていくものなのだ、というメッセージがこのドラマにはあるように、29回見てきた今では思うが、だからこの台詞はますます重みがあるのだ。

ゲゲゲの女房が評判良すぎて視聴率もよく、でものドラマはゲゲゲ好きの層には受けないのでは、と思ったが、その予想は半分は当たったが半分はそうでもなかった。ゲゲゲ恋しさのため(と思ってしまうが)このドラマは受け入れられないと早々に判断して見なくなった人々も多かったが、それでも「ん?」と思ってとりあえず見ていた人たちが次第に引き込まれていっているように(少なくともツィッター上でタグで語る人たちは)思える。

しかし改めて第1話を見て、細かい部分がちゃんと後に生きる設定になっていることに感心し、やはりあまり早まって判断するものじゃないよな、と思ってしまう。今でもまだ、なにか腑に落ちない点を取り上げて、脚本がおかしいかのように言う人もたまに見受けるが、あんまり早まって文句言うとあとで「あらら」ということになるよ〜、と密かに思ったりしている。
とはいえ、そこまでじっくりたんねんに見る人は少ないだろうし、そういうことを期待する時間帯でもないしな、と思うと、例によってもったいない気もしてしまうのだった(とはいえ夜のドラマより視聴率は基本的にいいんだよね)。私自身はドラマをじっくり味わえる境遇で(朝はさほど忙しくない)ラッキーとつくづく思う。




posted by おーゆみこ at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1話目のあらすじ!!!本当にありがとうございます〜!!!
実は私も、1話目は「ながら見」してて、初音さんとトランペットは記憶にあるのですが、それがどこの場所か…(寺で隆円さんから受取ったのかと思っていました;)
今頃になって見直そうにも、もう1話目の上に重ね録りしてて、あの写真も謎のままだったのです。(そのころはまだ私評だけだったし…)
かなりハマってきた今、1話目をちゃんと見ておくんだった…と悔やんでいたら!!!私の思いが届いたのでしょうか??ほんと感謝感謝♪です。
ますます、これからが楽しみです。
Posted by あまなっとう at 2010年10月29日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。