2010年10月04日

第7話 かわいそう、は大きなお世話、どころか… #teppan #nhk #drama

二日酔いで午前中を棒に振りました(>_<)。てなことで今頃ですが。
*******

すでにみんなキャラの立った感じでええねえ。
欽兄はほんとに思慮深く優しいし、鉄兄はアホやけど直観が優れている。一見、人の努力を台無しにするようなしょーもない行動をしているように見えるけれど、実は、本当に必要なことは何かを本能で見抜いてしまうのだ、と思う。もちろん本人はそれを一生懸命考えたりしているわけではなく、あくまで衝動なんだろうけれども。
だって、ここでこんなふうに「落着」させてしまうのがいいとは思えない。それぞれの優しさで、もちろん生活は今まで通り続いていくし、何度も言うように「本質的にたいしたことじゃない」のだが、しかし今の状態は単に「目をそらして」いるだけである。現実を受け入れて、認めて、それから初めて「なんだたいしたことないじゃん!」と笑い飛ばす。それをしないと、幽霊の正体見たり枯れ尾花、のごとく、いつまでもしこりが残り肥大していくだけだ。いちばんパニくったはずの鉄兄、一番「あかりがかわいそうだ!」と思った鉄兄、だからこそ直観的に分かる。こいつは組み伏せなければならない。
あかりももちろん、組み伏せるつもりでいるのだが、それは単に、それをゴミ箱に押し込んで、無理矢理ふたを閉める、ということになっている。

欽兄は鉄兄を、母ちゃんの気持ちも考えろ、と叱った。たしかに今鉄兄はあかりのことにしか目が向いていない。あちこちに気を配れる欽兄はバランスのとれたすてきな人である。
だが、真知子は千春さんのことも考えているだろう。母親だからこそ、やはりあかりの母親だった千春のことを。千春さんと真知子さんがどういう関係だったのかはまだ分からないが、あの写真で見る限り仲良しだったのだろうし、亡くなった後に娘を育てる決意をするからには、そんな表面的なつきあいでもなかったはずだ。血の繋がりだけが大切ではない、と言ったって、もちろん産んだ母親にとって我が子は特別である。我が子から母親として認めてもらえない千春さんの哀しみを真知子は考えてしまうのではないか。あかりが千春や、そして初音のことを完全に封印してしまうことを、真知子は喜べないのではないだろうか。
それはたぶん、錠には少し分かりにくい感情かもしれない。

みんながみんな、だれのこともないがしろにせず、それぞれのやり方で良かれと願う。

通り一遍の正義感みたいなもので誰かを断罪したりしない。

話しは例によって少しずれるが…ツイッターで、夫婦別姓のことについて関心を持って(別姓に賛成の立場で)ツィートしている方をフォローしているのだが、その方は自分に来る反論もときどきRTしている。その中には、「親の名字が違うなんて子供がかわいそう」という反応がしばしばあり、また「そういう子はいじめられる」とかも言われる。なぜかわいそうなのか、とその方は反論し、「『いじめられる』じゃなくて、あなたが『いじめる』んでしょう」とまで言い切る。それに私は同感する。「かわいそう」とか善人ぶって言う人がどれだけ相手を傷つけているか。必ずしも「両親の名字が違う子」だけが対象ではないが、そういうのを「かわいそうだ」と思ってしまう価値観そのものが人を傷つけることがあると思う。相手の誇りを傷つけていると思う。
かわいそうに、とか言えば自分が優しくて善人で正しい、と思ってるような人が(そしてその時点で思考停止している人が)きっと世の中にはいっぱいいるんだろうな、と思う(あまり自分の周囲にはいないので、もしかしてそれも私の偏見かと思うこともあるが、メディアではしばしば見聞きするよなあ)。
もちろん鉄兄の「あかりがかわいそう」も一歩間違えばそうなりかねないが、上にも書いたように鉄兄はそこに止まらなかった。一見アホではあるが決して思考停止していない。

このドラマは、そういう手合いの発想とは全然違うところで(というよりそういう発想をはっきり否定するかのように)気合い入れて作られているのがとてもいい。


posted by おーゆみこ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。