2010年03月29日

第1話 ノスタルジックな夏休み風景 #nhk #drama

とりあえずこちらに引っ越してきました。私のメインブログに使っているseesaaは画期的なことにひとつのアカウントで複数のブログを開設できるし、広告も比較的目立たなくできるので、やはりこれがいいかな、と。ひまじん以来の常連の皆様、ちょっとやりにくいかもしれませんがまたよろしくお願いします。デザイン等は今後変更していく予定。

てことで第1話。
あらすじ

お、「だんだん」言うとる。これはけっこう自然だなあ。
ともかく、少なくとも「ん?」と引っかかるようなところは何もなく、スムーズな滑り出し。基本的に実話が元になっている話にはそれほど大きな失敗はないのだろうと思う。
題材も興味深いし。
タイトルバックのネズミ男はじめとしたゲゲゲのキャラたちももいい感じ。
全体的に、ノスタルジックな雰囲気がなんとも言えない。
「夏休み」ってのは子供時代の思い出の中でもとりわけ郷愁をそそるもんだよね、なぜだか。

今後の主たる舞台は昭和30年代以降の東京だというから(「三丁目の夕日」テイスト?)、個人的にもけっこうノスタルジーにも浸れそうだし。

むちゃくちゃ「掴まれる」かというと今のところはそうでもないけれど。
コンセプトについても、公式ページの紹介を見ても、「おぉ、これおもしろそう!」という気持ちにも正直あまりならないんですが(^_^;)(^_^;)。少なくとも「無難」ではありそうだけど。

それに、例によって例のごとく春夏期は超多忙になるので、毎日書けるかどうかは(内容如何にかかわらず)微妙。

てなぐあいに手探り気味ですが、とりあえず今期もよろしくお願いします。

【お知らせ】Twitterと連動させてます。更新すると自動的に「つぶやき」が生成されます。
アカウントは@ohyumi です。


posted by おーゆみこ at 13:48| Comment(1) | ゲゲゲの女房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらでもよろしくお願いします。
私も初回は悪くない滑り出しだと思いました。島根ことばに「だんだん」を、味噌蔵に「純情きらり」を、子供時代の野道を歩くヒロインに「となりのトトロ」を思い出しました・・・ってことは実は既視感ありまくり?
でも、松下奈緒さんも、向井理さんも、思ったより役柄にハマってる気がしたので、両親始め脇の豪華キャストも含めてそれなりに期待しています。
Posted by しまじろう at 2010年03月30日 01:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。