2016年10月10日

べっぴんさん あらすじ&私評 第7回: 地位のある人たちは大変じゃの   #NHK #朝ドラ

これでゆりが主人公ではない、ってところが「新機軸」なのかいな。
 
<ゆりは潔に、英語を勉強して世界に行きたいが、今はこういうご時世だから、まずは板東営業部で働きたい、という自分の思いを話す。潔は感心してそれを聞き、前向きで向上心があって素敵や、と褒める。嬉しそうな顔になるゆり。物陰で聞いているすみれの顔は曇る。だが、ゆりも潔に赤紙が来たことを知って黙り込んでしまった。
  
後日、五十八はゆりに縁談を告げている。だが抵抗するゆり。自分のやりたいことをやる人生を諦めていない、と主張し、会ったこともない相手と結婚なんかしたくない、と。

後日、ゆりにも困ったもんだ、と五十八が今は社長となっている野上に話しているところに、ゆりが潔と連れだって現れ、経済学の論文を英語で書いた、見て自分の実力を知って欲しいと野上に頼む。約束もせずにいきなりなんだ、お前は常識がないのかと叱る五十八。
 
すみれは良子や君枝とともに、あさやでシナモンティーをいただいている。良子は「オートバイの君」に恋をしてしまったと話す。恋したというのはどうして解るのか、とすみれ。相手の顔をまっすぐ見られなくなるのだ、と良子。
そこへ当の潔がやってくる。浅田に召集令状が来たことを伝えに来たらしい。
潔の顔をまともに見られないのは良子だけではなく、すみれもであった。

すみれをオートバイの後ろに乗せて送っていく潔。こじょうちゃんはこれからどうするのか、もっとも夢を持ってもこれからは大変なのかもしれない、ゆりのような考え方は奇特だ、あんな面白いお嬢さんは他にいない、などと話す潔。何も言えないすみれ。
 

すみれを送って板東家に来て、再び野上と話している五十八に挨拶して同席する潔。そこへゆりもやってきて、自分も同席させろと主張。だが五十八は、会社のことはお前に関係ない、お前にはもっと大事なことがあるやろう、と言う。婿に入ってくれる男と結婚して子供を産んで板東家を守っていくことだ、と。しかしゆりはひるまず、
「お父様の考えはよくわかりました。そやけど私の人生は私のものです。そのことに変わりはありません」
「そやけどこのご時世やから…」
「このご時世やから私は今の自分の気持ちに正直になりたいと思います。……私は、自分の愛する人と結婚したいと思います」
愛する人なんているのか、だれや!と気色ばむ五十八に
「潔さんです」
唖然とする一同。潔も当惑顔。
五十八は激高し、潔を責めようとする。潔はわけがわからないながら、ともあれ野上とともに土下座して謝ろうとする。だがゆりは、潔さんとは何もない、自分がまったくの片思いで潔さんに片思いをしているだけだ、と正直に言う。けれど潔さんに自分の気持ちを受け止めて欲しい、と主張。そんなことを女が言うなんてとますます怒る五十八。必死でとりなそうとする井口と喜代。五十八は野上に潔を連れて帰れと命じ、ゆりには外出禁止を告げる。
  
それでも外出しようとして井口や喜代に断固として止められるゆり。
仕方なくすみれに、潔への手紙を託す>

従来の朝ドラの多くなら、ヒロインはゆりだったかもね。反対されても自分のやりたいことをつらぬく女性。でも結局、すみれのほうが、大人しく気が弱いけれどそれが「変わっていき、自分のやりたいことをする」ってドラマになるのだろう。意外なようであまり意外でない。
 
五十八さんに腹を立てても仕方がない、それこそ「このご時世」いや、「この時代」だ。たぶん明美などが筋違いに嫉妬しているのであろう金持ちのお嬢さんがたにも、そのゆえの苦労はある。もしかして今でもそういうところあるんだろうか? 地位やお金などがある人々はある意味で辛いところがあるのかも。彼らには「守るもの」が多すぎる。会社の経営者ともなれば、自分たちだけではなくて従業員のことも守らなければならないから、単純にそれを責められない。五十八さんも、若者達のために「雇用を確保しなければ」と言っていたしね。地位や財産のある人々にはある種の社会的責任もある、ってことだな。
  
しかしドラマとしては個人的にはやっぱり面白くないなあ。地位のある人々の社会的責任とか私には無縁だしさ(遠い目)。NHKのサイトの人物紹介を見ると、ゆりの紹介には一抹の不安もある。ふーん…みたいな。ちなみに、人物紹介を見ると、今後誰がだれと結婚するとかもけっこう分かってしまうね。ここには書かないけど。

  


posted by おーゆみこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | べっぴんさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。