2010年12月07日

【てっぱん】第62話 「教える」「先生」がキーワード? #nhk #teppan #drama

隆円さんが実は一番お気に入りキャラかも。

<あかりの店は繁盛しているが、ほとんどの客が初音のお好み焼きの方を注文する。あかりの常連となってくれていた客までが初音のほうに流れてしまった。

下宿の台所からそれを観察し、正の字を書いて数えている民男。
(民男)「勝負の世界は厳しいな」
(笹井)「仁義なきたたかいです」

店が引けてから、それでも強がるあかりと初音は嫌みの応酬になる。だがそこでもあかりのほうが劣勢だ。
初音が去ってから
「なんじゃあれ!」
と憤然とするあかり。
だが初音の方もひとりになるとそれまでの平然とした顔から一転して、ため息をついてしまう。
(孫に手本見せたるのも…一苦労やなあ…)

尾道。錠は食事時もなにやら本と首っ引きだ。インターンシップの受け入れに備えようとしているらしい。欽也が、高校生に教えるのは仕事のやりがいとか厳しさなのになんで教科書がいるんじゃと突っ込むと、
「漢字間違えたら恥かくじゃろ」
「なんか…つまらん先生になりそうじゃね」
と真知子。
「なんじゃと?」
「だって生徒さんたちが知りたいのは、いつもどおりの仕事で、いつもどおりのお父ちゃんよ」
実技を教えたらどうかと提案する真知子と欽也。生徒さん役やってあげると真知子が言うと
「相手は喧嘩上等の高校生ど?お前なんかじゃ気分でんわ」

浜勝。あかりは初音に負けて面白くないのでイライラし、それをつい出してしまう。
「孫と張り合うなんて!おばあちゃんじゃのうて、まるで子供じゃ!孫の子じゃけえ、ひ・ま・ご!」
かつぶしの袋をばしばし叩いてしまい、もっと優しゅうに、と栄治にたしなめられる。
そこへ、浜野と一人の従業員がやってくる。従業員はシフト変更が認められないと不満を言っている。
「昼過ぎに帰る子かていてるのに、ひいきやわ!」
あかり本人にも、他の従業員にも聞こえるように言う従業員。空気が固まる。
「あ、あの、ひいき言うたら、黒うて小そうて美味いやつな!」
と栄治。
「………」
「だれか、ひじきや、て突っ込んでえな…」

その従業員は、配達を頼まれ、不服そうな顔をあかりに向けて、出て行く。
呆然としてしまうあかり。
浜野はあかりに、お茶を入れてくれと言う。

浜野と小夜子たちは、鰹だしを広めるための企画会議をやっているらしい。店相手だけではもう立ちゆかず、一般家庭にも入り込まないと、と小夜子。
あかりは、料理教室はどうかと提案する。有名な料理人の方に出汁の取り方から教えてもらって、と。浜野はそのアイデアを気に入るが、お礼もろくに出せないのにやってくれる先生がいるだろうか、と小夜子。だがあかりは、自分が先生を探す、と言う。店もあるのに大丈夫かと小夜子はいぶかるが
「やります!やらにゃいけんのです!」
とあかり。そこで小夜子も、とりあえず講師探しをあかりにさせてみることに同意した。

尾道。直立不動の錠。
「え〜本日溶接の講師を担当します村上錠といいます。錠は金偏に定めると書いて…」
「錠ちゃん、硬い硬い!」
生徒役は、ヤンキーな高校生になりきった久太と隆円であった。
(隆円)「前置きはええけん、早よう教えい」
(錠)「やかまし!じゃやってみい、溶接!」
(久太)「いきなりかい!」
(隆円)「鬼教官じゃの」
(錠)「ええか、今日はこれ使って、突き合わせ溶接する。これがビードじゃ。開先よう見ての」
(隆円)「ビードいうんは、なんじゃぁ?」
(錠)「ビードはビードじゃ」
(隆円)「だからなんじゃぁあ!」
(錠)「ビードじゃ!」
(隆円)「だからなんじゃって聞いとるんじゃあ!」
不良高校生になりきっている隆円。
(久太)「先生!開先は?」
(錠)「お前、開先も知らんで、よう造船所やっとられんな、お前そんなんじゃな、お前んとこの船、いつか沈むど!」
(久太)「錠ちゃん、沈むとはなんじゃ沈むとは!」
(隆円)「ほうじゃわ!真知子ちゃんに頼まれたけえ、わざわざ来てやっているのに!」
様子を見ていた真知子が慌てて奥に取りに走って、例の家族写真を扉越しに錠に見せている。がんばれ、というエールらしい。
少し落ち着いて
「わかった…すまん、言い過ぎた」
と錠。
(隆円)「わしらも不良生徒じゃけえの」
(久太)「うちの船は沈まんど。…沈まんど」
なにか自分に言い聞かせるように言っている久太。
(錠)「わかった、沈むときはうちも一緒や」
(久太)「また言った!沈む沈む言うな!…先生、開先は?」
(錠)「開先も知らんと造船所やってたら…ほんと沈むどお前」
(久太)「また言うた!沈む沈む何回言うねん!」
(隆円)「超だり〜」

あかりは講師探しに苦労している。テレビで好人物に見えてもそうはいかないようだ。だが料理人名鑑のようなものをめくっていて、ふとある男性料理人に目がとまる。
「優しそう…」

料理をしている初音をそっと笹井が伺っている。
「なんや?」
「い、いえ」
「用と違うんか?」
「今日もたたかうのですか…?」
「はあ?」

あかりは料理人名鑑で見つけた塩村という料理人と一緒に田中莊近くまでやってきた。この辺にぼくの友達が住んでいたんだよ、と話す塩村。伝がそれを見つけ、驚いてやってくる。
「徳ちゃん!」
「伝さん?!」
塩村も驚く。
「ああ、何事やいな?」

あかりの店で塩村を挟んで座るあかりと伝。自分の店を出すときに伝が店の工事を引き受けてくれたのだと話す塩村。塩村はあかりの頼みを聞いて浜勝の料理教室講師を引き受けてくれたらしい。
「で、あんたがあの初音さんの孫なんか」
「はい!あかりっていいます」
「へえ…。あの千春ちゃんの子がこんな大きくなって…」
と目を細める塩村。
「千春さんのこと…知っとってんですか?」
「…『千春さん』…?」
「あ、いえ」
塩村は、よく楽器のケースを持って帰ってきた高校生の千春に会ったのだという。そして、うちの店にも来た、とも。
「そら見間違いやろ、割烹入れるような歳ちゃうで」
と伝。
「せやから男の人といっしょにやがな」
「…男の人…?」
年上の人で、同じようなケースを持っていたから音楽の仲間か楽器の先生か…と話す塩村。
「あの人が、あんたのお父さんか?」
「あ、いやいや、あかりちゃんのお父さんはな、尾道にいてるんやがな」
「ほう、じゃあ千春ちゃんも?」
「それは…」
そのとき聞いていた鉄平が出てきて
「はい、はい!尾道に居ます!」
「あんたは?」
「あ、こいつの兄貴です」
「ん?おーう、どこか千春ちゃんの面影あるな」
伝が気を利かせて、料理教室の話という本題に戻せと促してくれた。

帽子を目深にかぶったトレンチコートの男。千春のと同じマスコットのついたトランペットケースを持っている。「おのみっちゃん」に入ってくる。いらっしゃいませ、と出迎えて息をのむあかり。
男が帽子を取ると、それは錠だった。呆然とするあかり…。

「焦げるで!」
初音の声で我に返るあかり。だが後に頼んだ客に先に差し出してしまったりして文句を言われている。客たちを上手にあしらって場を治めるのはやはり初音だった。

だがあかりの頭の中は塩村の話でいっぱいであった>

オヤジーズ笑える。最後の隆円さんの「超だり〜」に爆笑。本放送では聞き取れなかったけど、ワンセグ録画を字幕付きで見てたら、その字面がまた可笑しくて。

尾道出身なのでこのドラマを見ている、という知り合いに昨日会った。でも彼も、食べるなら大阪のお好み焼きの方がいいと言ってた。尾道のはだしとか使わないからどうしてもちょっと味気ないのだそうだ。比べてみたことないから分からないなあ。それに東京でお好み焼きというと、客が自分で焼くのが普通(だよね?) それはもんじゃ焼きから来てる伝統(?)なんだろか。

今週のテーマ(?)は「教える」ってことなのかな。あかりに教えたい初音さん、インターンを受け入れる錠さん、塩村さんのお料理教室、それに千春の相手も楽器の「先生」だったのかもしれない。てことはそのうち加奈と岩崎先生もモチーフとして出てくる?

まあ今日は私評はやはりまだあまり書けないかな。様子見。



posted by おーゆみこ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。